> > 「勝つ事」か?「楽しめる事」か?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「勝つ事」か?「楽しめる事」か?
2010/08/18

モナちゃん…結婚そして引退ですか。いやー、おめでたいんですけど、テレビとか出なくなっちゃうのは寂しいっすね。でも、めでたい事なんで、まあ、幸せになってもらいたいですね〜。

さて本題に。今日もまた猛暑でありましたが、皆さん、熱中症は大丈夫でしょうか? 気をつけてもらいたいものであります。

で、今日もメーカーさんや販社さん、クライアント先のお店と周りに回ってきたのですが、気になるテーマが一つ。それは「勝つこと」と「楽しむこと」…お客様はどっちを求めているのか?という話。

毎回毎回「お客様のニーズを満たす」という事について考えているわけですが、果たして「どっちを求めているのか?」と議論になったわけです。以前にもこの話で喧々諤々したんですが、ここまで不況が続くとお客様の質も価値観も変わってきておりまして。

「やっぱり勝つから、楽しいんだろう!」という意見。ハイ、これが正解ですね。勝ってもつまらないなら…そりゃお店に来ませんね。パチもスロもやりませんね、ハイ。

じゃあ「勝つ」っていうのはどうなんだ?という話に。1000円勝てばOKか?5万勝たねばダメなのか…。うーん、これは人それぞれ。正解はないなぁ、という結論に。今は3万使って、3万5千円勝つと、どういう心理状態になるか…。これが面白いもので「わぁ、怖かった。何とか回収できたよ…次は慎重に打とう」となる!って話な訳です。あっ、もちろん、これはすべての人がそうというわけではないと思いますが、一般論としては「なるほどねぇ」と思ってしまう…ええ、オイラもそういうシーン、ありますしね(笑)。

で、で、そういう人は「楽しみながら打っているか?」というと、逆に危機感というか悲壮感というか…何とか投資したお金を取り戻さねば!というネガティブな気持ちが全面に出ちゃうんですよね。これもまた、人それぞれですけど、唸ってしまいましたよ。そう、つまり「楽しくない」んですよね〜。

話がいろいろと飛びましたが、「勝つためにパチとスロを打つ」なら、もしも打ちたくない雰囲気とか予感がしたら打たずに帰ればいいはず。そして「負けが怖い」ならば、追投資しなければ良い、って事になりますよね?

でも、打っちゃうんです。いや「打ちたくなる」ような…「勝てる」「楽しめる」ような状況をどう作っていくか?っていうのが大事だなぁ、と思うんですよ〜。パチでもスロでも「あと1000円打てば、何かがある!(かも…)」と思う要素って何だろう?と。まあ、特に何もないんですけど(笑)。 オカルト信じても仕方ないんで、せめてゲーム説明ですとかプレミアム演出ですとか、そういった部分だけでもしっかりスタンバイして、楽しめる「情報」をたくさん詰めていくしかないなぁ、って話になりました。

良く考えると、これはホント、永遠のテーマですよね? だって、同じ1万円でも、景気の影響でこれほどまで価値が変わっちゃうんですから。そりゃ、ギャンブルの「怖い」というラインも変わるってものです。そのバランス感覚っていうか、そういうのを単純に「儲かる・儲からない」で斬るのではなくて、業界全体で考えていくべきだなぁ、と本気で妄想してみたわけであります。

良く考えたら、ニューギンの『キューティーバニー』とか奥村の『歌舞伎3』とか、戻しがほとんどなくても、必死に打ってましたしね。…夢、ありましたから(笑)。楽しかったですし。今の時代に合った、今のお客様のニーズにあった、機種作り・お店作りに尽力してもらいたいものですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・黄門を、横目で見ながら、シャカRUSH!
(解説)
*まあ、どんだけ『シャカRUSH』が好きなんだ!と言われるかな?と思うわけですが、とにかく負けたので、悔しいんですよね〜。シャカが(笑)。ヒールで踏まれても当たりませんしね…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る