> > もっと早く適応していかねば!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

もっと早く適応していかねば!
2010/08/27

あの破壊王、橋本の息子がプロレスデビューするっていうニュースをキャッチ。しかも蝶野との対戦を望んでいるっていうから凄い!世代間抗争ですけど、胸を借りるつもりで頑張って欲しいですね。いっぱい楽しませてください!

さて本題に。皆さんはパチンコ・パチスロ打ってますか!いやー、オイラは冬まで冬眠しなければならない程今年は絶不調でありまして、何かに「とりつかれているのでは?」と思ってしまう程です。

で、今日もそんな「負けた人の気持ちは分かる!」と打ち合わせで色んな事を主張してきたわけですが、今のパチンコやパチスロのお客様は「新台しか打たない!」って話になり。 ええ、かなり甘い釘調整で「もってけ!」みたいな状態の台でも即ヤメされてしまう様子。新台は逆に「閉めても稼働が良い」みたいな。もう釘を見て立ち回るというのは古いスタイルなのかも知れません。

パチスロの場合は少し違いますが、高設定導入しても止めてしまうプレイヤーの姿がしばしば。まあ、時間がないという事もあるのでしょうが、これまた寂しい限り。出玉を魅せたいのに止められてしまっては仕方ありません。

色々と冷静に考えると、パチンコの場合は、昔打っていた人がやめてしまい、新台が好きな人が残り、ヘビープレイヤー化しているという事でしょうか?ホールもそれに呼応する形で新台導入するけれど、最初から一気に利益を取っていかないと、またスグに入替するから、出し所がないっていうか…。

「安く遊べる」っていう事で言えば、1パチへの移行がありますが、飽和状態になってきて「入替優先」の体制に変わりつつあるようです。利益額は等価交換のお店程取れず、機械代の負担はより重くなるので、投資についてはより精度の高い戦略が必要でしょう。

本当のパチンコって…どうなんだろうなぁと考えてしまいます。昔のような機種や交換率でもアリですが、長時間遊ぶ生活スタイルではなくなってきているので、そういったものに対応すべく、規則を改正しても良いのではないかと思ったりします。

パチスロは逆に5号機になって、遊び方もユーザー層も変わってきましたよね?これはこれで良いと思いますが、課題は今後出てくるパチスロ次第って事でしょう。ARTやRT、ノーマルだけでなく、違った軸のゲーム性が実現すれば、まだまだ市場開拓の可能性は広がると思われますし…。

やっぱり「社会の動き」とか「流れ」に合わせた業態っていうのが大事ですから、適応すべき部分は早急に適応していくべきじゃないかと思ったりします。まだまだやり方とか、あると思うので、色々と考えてみます。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・無意識に、ステルス打って、すぐ離席…
(解説)
*ジェイビーの『CRステルス』を発見したので、無意識に着席してしまいました。3千円で即、離席。ステルスプレイでありました。中々、面白い機種ですよね〜。個人的に好きです。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る