> > 残り4カ月こそ…「勝ち越し」で!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

残り4カ月こそ…「勝ち越し」で!
2010/08/30

…うー、超ショックです。ヤマハブラザーズの一角、山本小鉄さんが亡くなられるなんて。まだ信じられない。ビッシビシの星野勘太郎とタッグを組んで、またリングに上がって欲しかったという人は多いと思います。ホント、残念っすね。

さて本題に。8月も残りわずかとなりまして、今年もあと4カ月程度。いやー、ホントに時間の経過は早いものであります。しかし、今年は毎月月末になるとドキドキするっていうか、とにかく「キツイ!」の一言。恐らくお店も「予算がキツイのかなぁ?」と思うわけですが、真面目にお宝台と言われる台がほとんどない!(って感じ)

やる気が「削がれる」っていうんでしょうかね? それでも集客しているお店っていうのは、やっぱり日頃の信頼の積み上げなんでしょう。ちょっとほかのお店とは雰囲気も異なるし、その差がどんどん広がっていくような気が…。

なので、最近は、とにかく「お客様がいつもたくさんいて、座る席もない」と思う店でのみ、遊ぼうとみんなにススメておりますよ。とにかくパチンコやパチスロを突然やりたくなっても「我慢・我慢」であります。

甘い調整とか高設定とか、勝てる可能性の高い条件が揃っているからといって、勝てる保証はありません。でも、同じ「負ける」にしても、後から納得できるような理由(実際、そんなのはありませんが…)が一つでもあれば、次の立ち回りに活かす事ができますからね。

もちろん、イベント時の信頼性であったり、お店の雰囲気であったりと、個人によっての「優良店」って条件が違いますから、それはそれで自己判断すれば良い事ですが、楽しめる要素がたくさんある方が、負けた不満も少しは和らぐといったものです。

そうです、これからの4カ月間、さらにさらに!お店の格差が広がる時期ですから、厳しい目で、そして厳選して立ち回って楽しんでもらえればと思いますね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・月末も、財布は既に、冬支度…
(解説)
*業界人なんで、パチンコやパチスロ打つのは趣味と実益を兼ねた部分ってあるんですが、何せ財布の中身が…。これだけ勝てないと厳しくなりますよ〜、ホントに。ま、月が変わればツキも変わるんで、8月中は我慢して9月に頑張りまーす。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る