> > またも難局到来か?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

またも難局到来か?
2010/09/07

まあ、毎日毎日「迷惑メール」が100件以上は来るわけですが、最近はタイトルが少し変わってきましたね。以前はエロ系や脅し系が多かったのですが、今は「情に訴える系」っていうか。「助けてくれないんですね…」みたいな(笑)。 これだけいろいろ企画を考えるなら、まともに働いて欲しいなぁ、なんて思ってしまう次第です。ハイ。

さて本題に。ちょっと噂で耳にした事ですが、パチンコの内規変更、もしかしたらあるかも?って話のようです。問題視されているのは、またも「射幸性」の話。うーん、これだけ変更があるのも珍しいわけですが、メーカーさんも対応していくのが大変と同時に、ストレスも溜まるのでは?と思う次第です。

これって、以前から書いている通り、今、パチンコプレイヤーは「回らない」より「当たらない」という不満が大きいという仮説。この部分にも関係あるのかなぁ?なんて思ってます。

これ、個人的意見ですが、当たらないなぁって感じるのは、それなりに「投資」しているわけでその見返りって部分と遊技時間の「長さ」によるのかな?と。ストレートで負けると1万円で30分〜40分程度という遊技時間は、確かに「高い」と感じるし、不満要素の一つかなぁ?と思いますね。

とにかく抽選を1回受けるのに、パチスロの場合であれば3枚投入でレバー1回ですから、60円以上になる事はありません。ところがパチンコの場合…釘調整次第ですからね。まあ、仮に1分間に約100玉発射されるので、400円として、6回回るっていう計算をすると…。ベース込みで「(100-(6回×3個))×4円で328円。6回ですから、1回に対して約55円ですね。

これが5.8回とか5.5回になると、それぞれ57円、59円となるので「なんだ、パチスロより抽選受けられるんじゃない?」と思っていたら大間違い。パチスロにも「リプレイ」がありますからね。リプ込みなら1回当たりの抽選単価はもっと下がりますから、やっぱりパチンコの方が「高いお遊び」になりやすい。

それと出玉。パチスロは多少の技術介入要素はあれど、ボーナス獲得枚数が毎回「変動」することはないですね。規定払出枚数ってありますから。パチンコは異なります。ええ、アタッカー周辺で逃がせば3%〜10%程度カットできる。メーカー発表数値とは大きく異なるのはこれです。

1日20回でも大当たりがくれば…かなり大きいですよ! しかも電サポ中だって、玉が削れますしね。そういう意味では「お店の調整次第」でも、十分に射幸性の高い遊技機って事になる。「広く、浅く、多くの人達に大当たりを!」といっても、波の荒さっていうのもありますから。今は少人数の人達が「多く勝つ」みたいな。

おっと、またも話が脱線しましたけども、それでもお客様は「差玉の出る機種を求める」傾向はまだありますので、内規変更に関しては注目したいところ。毎度毎度、高い「壁」がやってくるわけですが、常にそれを突破してきたので、今回もこの難局を乗り切ってもらいたいものであります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・汗をかき、傾きたいのに、カブレたよ…
(解説)
*汗をかいて、アセモができてしまい、肌がカブレました。ガックリ…。あー、今日はニューギンの「CR花の慶次〜斬(ライトミドル)」が導入されているのに…。早く傾きたいなぁ。いや、我慢我慢!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る