> > リスクがだんだん大きくなる?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

リスクがだんだん大きくなる?
2010/09/16

「iPhoneでおもろいソフト、ありますよ」と言われてビックリ! なんとナナセグを自分で入力して内部状態を確認できるというもの。「スゲー♪」とビックリしていたら、なんとカチカチくんまでソフトになっていて(笑)。でも、その方曰く「iPhoneユーザーの何人がパチやスロ打つのでしょうかね…」と言っていたのが少し笑えました。

さて本題に。今日は某メーカーの方と歓談。色々と情報交換をしてまいりました。特にパチンコの内規変更の件は…大変みたいですね。「内規変更のたびにドッキドキするわ」と言っていたのが印象的。よく考えると、今回のAPEC会議の入替自粛の件もそうですが、メーカーとしては「リスクヘッジ」が取りづらいんですよね。そこは凄く大変だなぁと思います。

なんせちょっと何かあるだけで即日直せるような代物じゃありませんし。液晶だって、完成間近であればあるほど大変に。スペックが変われば演出直すのにそれなりに時間がかかるというもの。

併せて保通協に申請して、そこで不適合を受ければもう一度やり直し。販売スケジュール…もちろん変更という事になるわけです。これまた在庫の手当も大変ですよね。販売が遅れれば遅れる程に支払いが先にくるんですから(笑)。

遊技機が高額なだけに、在庫の金額だって凄い! ちょっと販売時期がズレて商戦期を逃すと販売台数に影響します。今は景気の影響もあって下振れする事が多いという話でした。

でも、一番難しいのはファンのトレンドを「先取り」するっていう事のようですね。昔から「業界初!」というキャッチがメーカーさんは好きですし、新しいものをどれだけ「つける事」ができるか?っていうのもあってコストが上がってしまう…という事のようです。

景気の影響もありますけど、国際会議での自粛期間の問題とかですね、保通協の申請から適合までの期間とかですね、内規の変更とかですね、在庫の手当とかですね、メーカーさんもたくさんのリスクを背負っているという状況です。こういう部分も「事業仕分け」してくれませんかね? 連舫さんは(笑)。

とにかく、カジノがもしできたら「国際会議」が増えて、毎年のように「入替自粛期間ができるかも?」と冗談っぽく言っていたのに、目が笑っていなかったのが怖いですね〜。そんなリスクも考えなければいけませんので、今、遊技機メーカーさんも大変であります。

もちろん、ヒットした場合はとても大きな果実を得る事ができるわけですが…。早く景気が良くなって欲しいものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・モンキーターン、1000円打って、家にターン…
(解説)
*もー、どこのお店か?は言いませんが…釘、ヒドイっすよ。1000円打ったんですけども回転数8回。しかも3円交換。「勝てるわけない!」っていうか、ビジネスが成立してませんよ! ホントに。良い機種なのになぁ。しかも導入からあまり経過していないのに、ヒドイっす。もう、そのお店には行きませんけどね。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る