> > 10月はもっとシビアに立ち回ろう!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

10月はもっとシビアに立ち回ろう!
2010/10/01

29日の「緊急地震速報のメールシステム」ね。かなり驚いたけど、個人的にはなかなかのサービスだと思いました。でも、アイフォンとか、スマートフォンは対応していないみたいです。ガラケー(ガラパゴス携帯)の強みって事でしょうか?まあ、長所を生かすというのは何でも大事ですから。

さて本題に。いよいよ10月突入であります。今年は早いなぁ。あっという間に1年が終わってしまいそうな感じです。

それにしてもこの1年間でお金の価値が「重く」なってきましたよね? デフレで物の価格が下落しているほか、給料も大分下がってしまい、簡単に1万円とかが使える状況じゃないですから。

パチンコじゃ、ストレートに遊ぶのには30分ちょっとで終了。パチスロは…もう少し長く遊べるかな? この感覚が「重くなっている」のは間違いありませんし、庶民の遊びではなく「お金持ちの遊び」に成り変わっているのでは?と。

「じゃあ低貸に!」って事もありますが、現在では稼働が頭打ちなところを見ると、既に低貸も「止めている」という可能性が強いですね。これから数年はこのペースが続くでしょうし、景気はどんどん悪くなっていくと思いますね。日本はまず製造業からですから、中小製造業や建設関係の仕事が出てこない限り、余暇産業にはなかなかお金、回ってこないですから。

さあ、そこで「じゃあどうする?」って話でありますが、パチンコ・パチスロが大好きな人は、なかなか止められるものではありません(笑)。 ええ、オイラも止められません。普通に「負け」が続けば、慎重になるし、立ち回りを考える…そして機械を良く研究する、ですね。基本的な事ですけどね。

次のステップは、調整方法。釘の事はいつも書いていますが、出そうと思う時でも「玉を出す」っていうのは難しいものです。ええ、ホールコンで管理はできませんからね(笑)。

今、お店の問題っていうのは「常に安定した回転数を提供できるか?」っていう部分。お客様もバカではないので、釘を締めれば打ちませんから。イベントとかではなく、毎日こういった調整方法を基軸に店舗運営しているお店が狙い目でしょうね。

スロはART機の設置比率が飛躍的に増えて、見た目は「稼働が上昇」しているように見えますが、機械代負担が非常に重いですから、ノーマルAタイプや設定差がはっきりわかる機種で「敢えて設定を入れている」お店が良いと思いますよ。ART機はぶっちゃけ「設定なり(確率の暴れで月間利益を調整)」で数字をまとめるケースが多いのでは?と推測していますので。射幸性はありますけどね(笑)

最後に…こういう時代ですから、やっぱり「打つ金額を決めて打つ」というのが大事になってきましたよね。そうです、今のデジパチ、平均TY(特賞出玉)って、ミドルタイプだと5000発前後ってところではないでしょうか? つまり、3円交換なら15,000円までなら取り戻し可能!みたいな判断ですね。スロは現在、1000円あたりベースを30以上って考えている人が増えていますからタイプによってもパチよりも難しい部分がありますけれども、個人的には5000円〜6000円程度で勝負っていうのが良いのかな?と。あっ、もちろん、時間とお金に余裕がある人なら別ですが、毎日は通えないですしね。

という事で、いろいろと書いてしまいましたが、それでもパチやスロは非日常を身近に感じられる余暇ですからね、楽しんで打ってもらいたいと思っていますよ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・山のフドウ、出現率が、高過ぎです…
(解説)
*ええ、北斗打ったんですけどね、通常時のボタンアクションでもやたらと「山のフドウ」ばかり出てくるんですよ。もちろん、何にも起きませんけどね。フドウの呪縛にハマったかも知れません。怖っ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る