> > 異業種から学ぶもの
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

異業種から学ぶもの
2010/10/08

朝、「大沢親分」が亡くなられたという訃報を知ってビックリ。つい先日までテレビで活躍されていたのに…非常に残念であります。ご冥福をお祈りしたいと思います。

さて本題に。まだ、風邪で体調が戻っていませんが、今日もクライアント先での会議参加&打ち合わせに行ってきました。

そのクライアント先ですが、実はパチンコ事業だけでなく、複数の事業を行っており、時折、パチンコの会議の中でもグループ事業の現状の話や他業界の規制緩和や市場成長性についても話題が上る時がありまして。

現在はどこも厳しい…しかしながら、その変化の早さに適応していく「組織力」を強固にしていかないと何もならない、という事で、特に優秀な人材の採用と登用に積極的、という話でした。

ここはパチンコとは異なり、求人を出すと応募の数が半端じゃなく集まるらしく、老若男女…経験豊富な人達が集まってくる、と。しかも危機感が半端じゃなく、iPadを駆使しながら自分がやってきた職歴の説明・得意分野などをプレゼンするなど、とにかく選考に困ってしまう、という事です。

現在の状況を考えれば、これが「当たり前」の状態なのかも知れませんが、翻ってパチンコ事業においても、他業界からどんどん優秀な人材を確保すべく、ビジョンをしっかり掲げて登用していく必要性があるなぁ、と切に感じたところです。

「バイタリティに富む」人材はもちろんですが、それに加えて行動力やリーダーシップなどが求められると思いますし、当然、大手ではなく中小なのでオールラウンドで業務遂行が可能な人材が良いのですけどね。

「さすがにそんな人は…いないでしょ?」と言ったわけですが、現在はホントに優秀な人がたくさん市場にいるという事なので、来年以降は具体的な採用計画に着手しようとプランの検討を始める事となりました。

採用という入口は中小にとっても敷居が少し低くなっているわけですが、問題は「受け入れ体制」とモチベーションを持続するだけの「好ましい組織風土の醸成」という事となるのでしょうか?

改めて課題解決の難しさを感じるとともに、俄然、やる気が出てくるというものです。数年かけても組織力強化に特化し、人材育成に努めていきたいものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・戦国も、見所ないまま、夢叶わず…
(解説)
*まだ打っていなかった、京楽の『びっくりぱちんこ 戦国無双 MAX EDITION』ですが、偶然にも空き台を見つけたので打ってみました。演出バランスなどは「さすが」だなぁ、と思ったのですが結果は惨敗。しばらく様子見ですかね?




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る