> > 大変、勉強になりましたね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

大変、勉強になりましたね
2010/10/21

世界的に異常気象だったんですね。韓国でもキムチとなる白菜が高騰しているらしく、1個730円くらいまでになっているとか。政府も介入するほどらしいですよ。いやー、大変な時代になりましたよね、ホント。

さて本題に。大分、涼しくなったというか、朝晩は寒いほどになってきましたが、今日は郊外店を中心に調査のお仕事。朝一から気合い入れて行ってきました。

関東近郊のとあるブロック。大手チェーン店が隣接する激戦区に行ってきまして。最初のお店は午前中に到着したんですけども、驚きはそのお客様の数! 地域一番店は12時前にも7割以上の稼働状態であります。これは凄かった! お客様を見ると、やはり「中高年層」が中心。ここで最初の不思議は「ほぼ常連客?」と思ってしまうほど、和気あいあいと話ながらパチンコ打っている人が多かったという点。さすがだなぁ、と思い、次のお店へ。

2番目のお店は約600台あるお店で、稼働が約2割程度。うーん、この差は何だろう?と思ってしまうほどでしたが、1パチは6割程度。近日中に1パチを増台するって告知がしてあったのも納得です。しかも1円貸し→0.5円交換で、共有自由という組み合わせ。地域によっては、この組み合わせパターンもいろいろあると思うわけですが、まだ一物一価の対応をしていない模様で、4円貸しでは3.0円交換でありました。もちろん、釘が全然異なるっていうのもあるので、調整者はとても難しいのかな?と。

3番目のお店は設備が充実しているのですが、1パチはパーソナル(各台計数機)システムを導入していて、その他は従来の玉箱を積む形で運営しておりました。「お客様の接点を増やす」「コストダウンを図る」という一見矛盾した問題を解決するべく、対応しているのかも知れません。もちろん、1パチの方が稼働が上がりやすいという側面があるから、省力化を図るには優先順位として「ここから」っていう事なのかも?と。稼働は抜群に良かったですね。

その他、4店舗くらい回ったわけですが、平日で時間帯もあったせいか、あまりお客様がいなかったですね。もちろん、これだけ狭いエリアでパチンコ・パチスロ台数が多いというのも、今の時代では「供給過多」になっているわけですが、1パチの台数比率は今後もさらに上昇するのでは?と思いますね。

最後に…調整面ですけども、数人で調査に行ったわけですが、どうも話がちぐはぐ。というのも「回った」「回らない」の部分では、お店とか機種別とかではなく、台によってかなり個体差があったという点。

これは、かなり調整に時間をかけているのか?という疑問も出ましたが、イベント台とそうでない台の差は激しくなっているのを感じました。お宝台は良く観察して探さないといけませんね。今後もそういった方針のお店が増えるのではないか?と思われます。仕事ではなく、今度はプライベートで行きたいものですよ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・徘徊中、ジャック見つけて、足止まる!
(解説)
*調査中、ニューギンの『CRAネオエキサイトジャック』を発見! 思わず、足を止めて、見てしまいました。ドラム式パチンコ…もっと出てこないかなぁ? 小台数で良いんですけど、今だから楽しめるっていう部分、あると思うんですよね。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る