> > 終わってないけど、今年はいろいろあり過ぎ…
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

終わってないけど、今年はいろいろあり過ぎ…
2010/10/22

何でも、1時間運動するのに最もカロリーを消費するのは「時速12キロでランニング」がトップだそうで。かなり速いのかな? ちょっと感覚がわからいけれど「なわとび」を1時間より「激しいエアロビクス」よりもカロリー消費が高いそうです。ちなみにランニングは986カロリー。食べるのは楽ですが、消費するのは大変ですよね(笑)。

さて本題に。今日は午後からクライアント先での営業会議。その後は自粛明け後の入替機種の選定に関して検討。まあ、盛りだくさんのスケジュールでありました。

今日も話題に出たのですが、今年はホント、世の中が変化して対応していくのに大変でしたね。まあ、まだ今年は終わっていないですけども、パチンコ・パチスロでいうならば、機械の発表スピードが一気に上がって、単価も上がって…でも、逆にパチンコの稼働が下がってきて。

景気が悪いっていうのもあるけれど、加えて「一物一価」問題も浮上。パチスロの等価に合わせる形でパチンコも等価にしたお店が多かったわけですが、現在はパチンコの等価交換、多くのお店で苦戦していますよね? で、その流れで低貸の「対象台数」を増やしたり、「パチスロ台数」を増やすところも出てきました。つまり、戦略の舵を大きく切ってですね、この苦境を乗り切ろうという事でありますが、とにかく変化が早い!

来年も…恐らくこのスピードはさらに上がってくる可能性があるから、今からいろいろな状況を考えて対応していかねば!と思いましたよ。今の流れから見ていくと、まず景気はしばらく上がってこないと思うので、さらに低貸の台数、増えるのでは?ってところですね。さらに、パチスロの設置台数を増やすお店も多くなると思います。既に設置台数がかなりあるお店は別としても、一時、一気に台数シェアを減少させたお店は元に戻すかも知れません。

それと以前にも書きましたが、「若者のパチンコ離れ」はもっと顕著な形で出てくる可能性があると思いますし、より中高年齢層をメインターゲットとするお店もあれば、若者の獲得にさらにチャレンジするお店もあるでしょう。地域にもよりますが「オンリーワン」を打ちだすのには、今の状況ではリスクが高過ぎるので、やはり平均的に様子を見ながら…というお店もあるかも知れません。

10月・11月は入替自粛、そして12月という流れ…まだまだ今年は終わっていませんが、この変化に適応していくだけの組織力もアップする必要があると個人的には思っています。何とか勝ち組に残るためにも、大胆かつ緻密なマネジメントが求められていますよね。ますます燃えてきた、今日この頃です(笑)。

【今日のチャーリー、独り言】
・北斗勝ち、モンキーターンで、諭吉ターン(悲)
(解説)
*ええ、今日は北斗で勝って、モンキーターンで負けた…って話だけなんですけどね。改めてパチンコは奥が深いなぁ、と思いながら打っておりました。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る