> > 夢のパチンコ店は「会員制?」
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

夢のパチンコ店は「会員制?」
2010/10/25

先週から「チャリロト」の話題が結構出てまして、配当金が9億598万7400円でしょ? 税金は2億ちょっとくらいらしいじゃないですか。手取りで約6億7000万っていうから、想像できないですよねー。まあ、約2年間分のキャリーオーバー、それと自分で予想ではなく機械で自動的に…ってところが気になりますが。

さて本題に。10月もあと少しとなりましたが、最近は飛ぶ鳥を落とす勢いで「各台計数システム」が導入されております。これ、前回も書きましたけれども、相当な部分で人件費を抑える事ができる模様です。どちらかといえば、ネガティブな効果の方が全面に出ていますが、最近の景況感を考えるとやはり「そうなるかなぁ」って感じであります。特に低貸営業の場合は、利益額も減少しますので、ローコストオペレーションでいかないと採算が合わないですから。もう一つは今後の「採用環境」とか「人材育成」という部分でしょうかね?

というのも、やはり業界の特性なのでしょうか。「人余り」と言われている時代とはいえ、人材採用には苦労しているお店も多く、バイトなども体力的な問題もある事から若手の採用を重視している点もあるので、人口動態的にも若者の比率が減少する事も考え、将来を見越した店舗作りというのが始まっていると思います。

この先は?…っていうと、パチンコ店の「会員制」とかいろんな基軸があると思うわけですが、実現可能性があるのか?っていう疑問もあり、正直わかりません。でも、百貨店や卸売業なども「会員制」を採用し始めているところもあり、その分、格安での提供を実現している事から可能性はゼロではないのかな?とも思っていますよ。あっ、もちろん、いろんなハードルをクリアしなければなりませんけどね。法の規制緩和含めてって話になるわけですけども。

「安全」で不正のない店舗作りという部分でいえば、「会員制」も面白いのかも知れませんね。空間とサービスを充実させるという基軸も可能性があるのかも? マーケティング的にも「顧客の声」を反映させやすいですし、迅速な対応も実現できる可能性がありますしね。そんな「パーソナルシステム(各台計数機)」の導入状況を見ながら、将来のパチンコ像などを妄想してしまいました。

きっと、ローコストな店舗も出てくれば、さらに手厚いサービスをウリにする店舗も出てくるのではないか?と思います。いろんな業態開発にチャレンジしてもらいたいものですよね。夢のパチンコ店の実現を期待したいところであります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・五車星リーチ、何故か当たる気、しないです…
(解説)
*北斗で予告がちょっと強く、そのまま「五車星リーチ」に入るとガッカリしますよねー。まあ、当たる気がしないっていいましょうか。まあ、他の機種もそういう部分があるけれど、何故だか五車星って残念な感覚になるんですよね。面白いから納得しているんですけど。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る