> > 中高年層の「遊び場」として!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

中高年層の「遊び場」として!
2010/10/26

こりゃ前代未聞ですな。日本シリーズが地上波中継されないなんて。過去にもなかったものね。野球人気が落ちているのはわかるけど、何だか寂しい感じがしてなりませんね。人気復活のために大胆な事をやっていかないといけないような気がしますけど。どうなる事やら…。

さて本題に。今日は日中あったかい感じでしたが、朝晩はすっかり寒くなっていますよね。体調には気をつけてもらいたいものですが。今月は調査関連の仕事が多くて、特に「1パチ」に関していろんなお店で実際に打ったり、観察したりしているわけですが、人気ですよね。

不思議なもので「あれ?こんなに釘回らないのに、みんな、良く打つなぁ」と思ったりするわけですが、玉が4倍出てくるから安心なのでしょうかね? 4パチよりは「遅いなぁ」と思ったりしますが、ゲームセンターと比較すれば完全に一線を画していますし「貯玉再プレイ」システムを導入しているお店は、イベントなどで「引き出し手数料無料」などのイベントがあると一気に稼働がアップするという話で。

それと一番面白いのは「新台ではなくても楽しく打っている」という点。そうなんですよね、新台が「面白くない」から寿命が短いのではなく、お金がかかり過ぎるから「打ち切れない」っていう機種もたくさんあるわけですから、低貸で「人気が復活」するのも納得です。

で、ここまでは現象面からみてもわかりやすい構図なんですが、もう一つ考えられる事があって、それは「安く、長く遊べる場所」っていうのが意外にも少ない…特に中高年齢層は!っていう部分です。

携帯ゲームを楽しむっていっても…ちょっと小さくて見にくかったり、漫画喫茶やネットカフェなども中高年層にとっては「入りづらい」っていうのがあるみたいです。パチンコは昔から「打った事がある」という部分から、ご夫婦でも楽しめるしわかりやすいし適度な射幸性があったから良かったけれど、だんだんお金がかかるようになって遊びづらくなった。そこで、低貸が登場し、少額でも長く遊べる「余暇」が生まれたっていう事じゃないかな?と。

大体、5000円くらいならこのくらいの時間は遊べる!っていうのが事前にわかるから、安心して打てるでしょうし、1回当たって貯玉してくれれば、他店に浮気してしまうユーザーは少なくなりますからね。そういった作戦も功を奏しているのでは?と。

今後はますます高齢化社会を迎えて、新たな中高年層の「遊び場(余暇産業)」も生まれてくると思うのですが、パチンコ店も低貸というスタンスで既に認知されつつありますから、どんどん新しいサービスが生まれてくる事を期待したいですよ。

近い将来、低貸専門の機械っていうのも出てくるかも知れない!と思うとワクワクしてきますね。メーカーの方々、よろしくお願いします(ペコリ)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ブレイドの、ルーレットを見て、ドキドキです!
(解説)
*SANKYOのCRフィーバーキングブレイドですが、大当たり中のルーレットにドキドキしてます。ええ、もちろん大当たり直後に左ランプでラウンド数がわかるので、ドキドキする事はないのですが、ワザと見ないようにしてますよ。バレリーナとかシャカRUSHとか…ああいったルーレットには興奮してしまうんですよね〜。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る