> > 2011年はどうなるんだろう?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

2011年はどうなるんだろう?
2010/10/27

うー、悲しい!タコのパウルくん、死んでしまったなんて! しかも、その原稿を一生懸命書いていたんだけど、セッション切れて全部書き直しでありまして。もう一度、気合い入れて書きますよ。ちゃんとコピーしておけば良かった(悲)。

さて本題に。今日は寒かったですね。特に夕方頃から寒くなってきて…皆様も風邪には十分お気をつけください。小生は、朝からメーカーさんや販社さん、業界関係者の方、お店と商談&打ち合わせで動いておりました。

そこでちょっとビックリしたのが「いやー、タバコもやめたけど、パチンコもやめた」っていう人が数人いまして。「だって、パチンコ、勝てないし、お金かかるんだもの」…との話。えー、業界関係者の方がそれを言ってしまっては、どうしたらいいの?ってなりますよね?(笑)

まあ、いろんな意味で2010年は混沌した状態が続いていますが、来年になりますと、まずパチンコの方で1月からは新内規の機種が登場する予定です。ご存知の通り、大当たりの「定義」が変わり、その機種の最大獲得玉数の1/8以上から1/4にするという部分。突確・潜確・突通などは搭載しても良いが、前述の定義から逸脱する場合は大当たり確率から除外するっていう事ですね。当然ですが、出玉設計の他、モード移行演出などのゲーム性にも影響が及ぶでしょう。

また、噂ながらも「1台45万円」のパチンコ機も出てくるんじゃないか?って話も。お店は戦々恐々としているわけですが、10台で450万、20台で900万ですからね。来年はもっと「高度化・高品質化=価格の高騰」っていう構図が続くのではないかな?と。メーカーは販売台数は目減りするけど、売上高は維持…みたいな。マーケットが持つかなぁ?というのが正直な感想ですけどね。

さらに全然違う話ですが、カジノ法案も大詰め…らしいです。2カ所は設置されるのでは?という話ですが、景気も悪いですから、かなり前向きに議論が進められているようです。大なり小なり影響は出てくるのでしょうけどね。もちろん、これは来年の話ではないかも?ですが。

来年以降もあまり明るい話題がありませんけども、さらに競争が激しくなっていく事は間違いないでしょう。景気が上がる事を期待しないで、どうこの難局に立ち向かっていくかが、大事になってくるのではないか?と思っております。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・七瀬打ち、"夢見るおっさん"、撃沈です…
(解説)
*先日、等価交換のお店で『CR相川七瀬』を見つけて打ちました。この時代になって、このスペックを改めて打ってみると面白く、ついついお金を使ってしまいました。期待感…ありますよね。歌も好きですし。また打ってみたいです。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る