> > 楽しく遊べました(笑)
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

楽しく遊べました(笑)
2010/11/01

テレビ中継はなかったけれど、日本シリーズ、ロッテが強いですね。このまま日本一になったら凄いんですけど。ペナントレースが3位ってところも微妙ではありますけどね。まあ、短期決戦に強いのはこれで証明されるっていうものですが。今週は楽しみであります。

さて本題に。月末でちょっと怖かった(笑)のですが、久しぶりにパチで勝負に行きましたよ。ええ、たくさんのパチンコ機を打ちました。

まあ、たまたまだったとは思うのですが、ホームのお店、ちょっと釘が良くなっている感じがしましたね。特に寄りの部分とか。「ああ、変えたな」というのはわかりましたが、傾斜とかまで変更した感じ。飛び方がおかしかったので、少し工夫したのかな?というところです。

まずは三洋の「CRスーパー海物語IN沖縄2」で勝負。そのお店のメイン機種です。でも、お客様が少ない。「やばいかな?」という予感は的中です。以前打った時よりも確実に回転数が落ちている。常連客は打ちきれないだろうなぁ?と思いながら打ってました。5000円くらいでやめましたけどね。長時間粘っても勝てる回転数ではなかったですし。

次にSANKYOの「フィーバーキングブレイド」を打ちまして。結構、回してましたね。でもかなりのハマり台。ハマっていても、あのドラムアクションは何だか新鮮に感じられましたし、「祭」よりもボタンアクションが少ないからオイラにとっては嬉しい限り。ガセの「ボタン押し」っていうのが嫌いなんですよ(笑)。

この機種も結局10,000くらい打ったんですが、当たらず終了。でも楽しめたし、このくらい回ると勝負できるかな?と思った機種でありました。

最後に北斗。まあ、これはもう書く必要もないでしょう(笑)。 最近のパチンコ機種は「強い予告→低信頼度のリーチ発展」というのは少なくなり、リズム良く打てますよね。それと、世紀末モード突入と抜けた後のスーパーリーチ出現率なんかも良く考えられているなぁ、と。潜伏を予感させるような演出を交えて。ただ、セグでわかりますけどね(笑)。 メーカーさんから見れば「それを知ったら楽しくない」って声も聞こえてきそうですが、今の機種の良いところを織り交ぜた流れで作られているのかな?と思う次第です。

もちろん、オイラみたいに「ガセ演出はうざい!」っていう人もいると思うので、バランスなんでしょうけども、スペックや魅せ方のバリエーションはまだまだたくさんあると思うので、使うキャラクターやストーリーなどに合わせ、上手くプレイヤーを乗せてもらいたいものですよ。

どんどん進化しているので将来は楽しみでありますね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・また君ね、山のフドウは、でかすぎる!
(解説)
*五車星リーチの時は、ちょっとだけ期待はしますけど、ボタンアクション時…偏りますよね?何でかな? 演出の偏りっていうのも何とかならんものですかねー。何ともならないのでしょうけど(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る