> > 良く見て…良くお店を見てね!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

良く見て…良くお店を見てね!
2010/11/08

多くのパチンコ業界関係者はですね、APEC会議といえば「入替自粛」でこりゃ大変だ!って事だったのですが、今回の会議は日本にとっても重要ですよね〜。これで外交…上手くいかないと景気にも影響するんじゃないでしょうか?日本が世界の孤児にならないように…上手くやってもらいたいですけどね。

さて本題に。その自粛中のホール営業ですが…例年になくかなり厳しい状況です。ただ「入替自粛」だから稼働が下がった?というには言い過ぎなところもあり、純粋に「景気低迷」と「11月というピーク変動」の影響も大きいので、何とも言えない部分ですけどね。

お店も3つくらいに戦略が分かれているみたいで「通常通り」ってお店と「イベント盛り上げ」というお店と「このタイミングでリニューアル」って流れが見て取れます。残念ながら「出玉重視」っていうお店は少数派なんでしょうかね? ちょっと出玉でバンバン営業!というお店を見ていないですから、目立っていないのでしょう。

「通常通り」というお店は、単純に入替だけがなくて、機種イベントや定番の出玉イベントなどを粛々に実施していく形のお店ですね。まあ、優良店に多い模様ですが、日常から安定的に集客を実現しているお店が多いような気配です。

次に「イベント盛り上げ」のお店は、特に土日は景品関連も含めて積極的に予算を使っているなぁ、と。恐らく、自粛明けやその後の営業展開を有利にさせるという点と、お客様に「しっかりやってます」というアピール、そして「集客」という狙いがあるのでしょう。

実際、多くのお店の実態としては「常連客」がほとんどという状況だと思うので、その「囲い込み」として有効という事なのでしょう。まあ、出玉で還元して欲しい!という気持ちはみんなあると思うのですが、なかなかな難しいのかもしれません。何せ、出しても「その後」につながりにくい環境ですから。

で、最後に「このタイミングでリニューアル」ってお店ですね。主に低貸営業への転換又は増台という形で入替自粛後および12月・1月に向けての戦略だろうと思います。まあ、こういったお店は稼働で地域2番手・3番手以降のお店が「勢い」をつける意味でも予算を確保し、勝負に出ていくスタイルなのでしょう。だから、リニューアル直後は期待できますよね? 問題は「どこまで出玉を出すか?」って事ですが、最近は1カ月も出すお店は少なく、粛々とリニューアルオープン後、数日でお祭り終了というパターンが多いだけに、注意が必要になるかも?です。

それぞれのお店でこの難局を乗り越えるためにも、いろんなアイデアを駆使して取り組んでいるので、そんな情報をしっかり受け止めてもらいつつ、自分の遊びやすいお店で楽しんでもらいたいところです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・引いてダメ、押してみたら、小当たりで…
(解説)
*Xジャパンのレバー、引いてもダメなんで、ちょこっとだけ押してみたわけですよ。そしたら「小当たり」ゲット! うーん?これは喜ぶところじゃないのかも知れませんけどね。俺流の楽しみ方がまた一つ増えました(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る