> > こういうケース、多くなってきた
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

こういうケース、多くなってきた
2010/11/18

うーん、今、大学生の就職率が約58%と最低の数値らしいってニュースをキャッチ。不況だ!という理由ですが、このままでは日本はホントにヤバイ事になるのでは?と。デモとか始まる可能性もあるんじゃないでしょうかね? 政治に頑張ってもらいたいのに、事業仕分けとか見てると…悲しくなりますよ。ホント。

という事で本題に。ここ5年くらい、毎日クライアント先のデータを深夜にもらって、その日の営業成績と確認をしているんですけども、どうもパチスロのART機がメインの機種構成になってからですね、安定した成績が取りづらくなっているんですよね。

逆に「これくらい暴れる」からこそ、プレイヤーを引きつける魅力となっているのも確かなのですが、4号機時代とは少し様子が異なり、数字をまとめるのが大変になっている…そんなお店も多いのではないでしょうか?

例えば、あるART機能搭載の機種があります。もう数カ月が経過し、平均稼働が5000くらいの機種としますね。そういう機種を4台くらい設置していると、たまに「売上1000円で赤字25万…つまり差玉で13000枚程度でる」って事がありまして。

ヒキが強いっていうのもありますが、ちょっと稼働の悪い機種ですと、もう大変です。その他3台は警戒して座ってくれません(笑)。 そりゃ「お店の力が弱いから」と言われるとごもっともなわけですが、いろんな事情で設置しておく必要がある機種などで暴れると凄く痛いんですよねー。平日でも売上は毎日15,000円くらいでしょうし、利益も取れて3,000円くらい。1日で「赤、25万」とか持ってかれると、さすがに怖い!ってわけです。

何が言いたいか?というと、そういうリスクも考えての「お店全体の設定調整」って事になるので、機械を選ぶ時から、導入直後→撤去目前の状態まで稼働想定して、しっかり選定していかないといけない、って事です。もちろんスペックだけで選ぶのもマズイですし、ゲーム性とか版権力とか4号機の人気シリーズ物…っていうだけで選ぶのもマズイわけです。

特にART機の場合は…時間が経過して、平均稼働が落ちてきた時の使い方というのがお店としては問題ですよね。入替回転率をもっと早くすれば良いのでしょうが、資金的な負担も大きいですし。

今後は、もっともっと「ART比率」が高まると思うので、そういうリスクをどう分散し、お店全体でカバーするか?…しかもプレイヤーに支持されるように!であります。ここが課題でしょうかね?この頃の悩みの種でもあります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・下見ても、メダル1枚、落ちてない!
(解説)
*不思議なんですよねー。最近、パチフロアでもスロフロアでも「落ち玉・落ちメダル」が非常に少なくなったように思います。清掃が行き届いている?って事もありますが、特にパチスロはキレイですよね?そうですよね、貴重ですからね。メダルや玉は「お金」ですから。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る