> > 欲求と欲求のぶつかり合い!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

欲求と欲求のぶつかり合い!
2010/12/06

スポーツ、格闘技イベント、競馬等々…何となく「12月になったんだ」という事を実感しています。繁華街も人が出ていましたし、駅の煩雑さも12月っていうか、せわしない感じで。今年は大変な1年でしたけど、確実に時間は経過しているんだなぁ、と実感する次第です。

さて本題に。月末月初なんで、いろんなレポートを書くために調べ物をしておりました。そこでいろいろな事を考えてしまいまして。パチンコって何だろう?(笑)って。

シンプルにパチンコやパチスロで「永遠に勝ち続ける」事はできません。ギャンブルだし、勝負だから。勝負って「勝ち」があれば「負け」もある。やればやるほどに勝率は落ちていくのは当然です。

お店は「どうやってお客様をたくさん集めて利益を取ろうか?」という気持ちで、プレイヤーは「どうやって儲けようか?」という気持ちで、商売としては利害が相反します。でも、結果としてお店としては「良い遊技環境」とか「出玉調整」等により、お客様の期待値を上げ、プレイヤーは立ち回りや「疑い」の心を持ちながらも、自分の選択によって「勝った」時の高揚感みたいなものを味わえるので、この関係は決して悪くはないのかな?と思うわけです。それと「負けた時」の経験が、次なる「勝ち」の時の喜びも大きくなるという、不思議な体感がありますよね? だからこそ、お店は「あんまり入替しない」とか「設備が古い」という事で顧客も離れたりするし、お客様は「負け」が続けば勝ちの喜びをそこで捨てるという事になるわけです。

おっと、少し脱線しました。前回も書きましたが、ことパチンコについては、低貸営業が流行り…かつ等価交換のお店が盛り上がっているという事だけでいえば「パチンコは打ちたいけど、お金がない。でも、射幸性は欲しい」って解釈できますから、全否定する事はないわけです。それに対応したお店作りが必要ですし、メーカーの協力も必要ですね。製品開発やコストダウンはさらに強力に進めてもらわないとニーズに応えられませんから。

パチスロは…あまりプレイヤーは体感している人はいないかも?ですが、頻繁に入替を行っているのはあくまで先行投資であります。稼働にもよりますが、1日あたり1台の粗利は平均5000円以下くらいでしょう。100台設置店で1日50万、1カ月30日で1500万です。パチスロの価格を30万と安く設定しても、1カ月で買えるパチスロ機は最大50台という計算。無論、その他の経費もかかりますからね、実際は10台前後(10%)くらいがギリギリってラインです。

でも、どうでしょうかね?最近のパチスロ市場は盛り上がっているので、人気機種などは1列12台くらいは当たり前、BOX導入もあります。毎月どころか、2週に1回程度に入替を行うお店もある程です。これ、先行投資です。

経営が成り立っている理由は、人気機種が長く設置されていると償却していくので、機械が買えるというわけですね。全体の3割から4割程度はお店としては「入替対象とならない」島が欲しいわけですよ。えっと、パチンコなら海シリーズ、スロならジャグラーシリーズってところでしょうか。

これもパチンコ同様、入替サイクルが早くなっている事から、先行投資ができずに我慢するお店も増えているので、来年は淘汰されてくるのかな?と危機感を覚えますね。

前述しましたが、お店はすべて「たくさんのお客様に集まってもらい、利益を確保する」事が目的です。その為の投資がお客様満足につながるか?って事です。お客様は「どうやったら勝てるか?」という個の欲求に他ならず、欲求と欲求のぶつかり合いなのですが、その欲求も時代とともに変化するので…特に機械については規則もありますからね。変われば当然、やり方も選択も異なる。柔軟な対応力と斬新な企画が来年はもっと必要となるでしょう。

変な妄想をしてしまいまして、すいません。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・12月、何故か慶次が、盛り上がる?
(解説)
*新台が多数導入されているお店でも、なぜか?ニューギンの『CR花の慶次〜愛』をイベント対象としているお店がとても多いのが気になります。スペックの影響もあって、回せるという事からなのかも知れませんが、力が入っていますよ〜。ええ、もちろん打って撃沈して反省しているんですけどね。今度は違うお店で勝負ですな。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る