> > 流通も含めてコストダウンしないとね!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

流通も含めてコストダウンしないとね!
2010/12/09

気になるニュースが入ってきました。あの「モバゲータウン」を運営している会社に公取が入った、っていうニュースであります。ソフト開発会社に、他サイトにゲームを提供しないように圧力をかけたって話でありますが…。まあ、こういう問題、どの業界でも大なり小なりありますよね。どうなるのでしょう?

さて本題に。今週から寒くなるっていう話でしたが、今日は既に朝からかなり寒かったですね。皆様、体調などは大丈夫でしょうか?

今日は某メーカーさんに行きまして、機種の取材に伺い、時間もあったのでいろいろと意見交換してまいりました。素朴な疑問から…というわけではありませんが「どうしてメーカーさんは、こんなに機械をたくさん出すのか?」という話。これはどうしても聞きたいなぁ、と思いまして。

基本的には「1機種あたりの販売台数減少」という流れもありますが、一番は競合メーカーさんとのシェア争い&維持ってところのようです。間隔があくとどうしてもシェアを取られてしまう、という話ですね。

あと「新台を買えるお店とそうでないお店」に格差が広がっているから、どうしても「たくさん買ってくれるお店の意見を多く取り入れる」傾向があるというか…。本来は、もっと「ユーザーの声」を取り入れた機種開発が望ましいと思うんですけども、価格面を含めて、まず買うのは「ホール」。お店が買わなければ、どんな良い機種でもユーザーの目に触れる事はないですからね。ここがパチンコやパチスロが「営業機」とよばれるゆえんでしょう。

最後に「今後も開発競争は過熱していくのか?」といった質問をしたところ、間違いなく、パチンコもパチスロもさらにペースは上がっていくという話でありました。パチンコも1機種あたり販売台数は1万台程度、パチスロでも3千台程度を前提に開発する会社も出てきた模様です。もちろん、それで利益が出るという事であれば問題ないんですけどね。

ただ、この流れ、決して良い方向に進んでいるとはいえないだけに、リユース制度などの部材の再利用の促進、お店の機械の保全や補修、回収システムなど、さらに流通を考えて、トータルコストダウンを目指していくべきではないかな?と真面目に考えてしまいました。

これも時代の流れですからね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ヒキ強い!どうしていきなり、奥義なの?
(解説)
*北斗でですね、2500円投資時に「7・5・3」で停止。世紀末モードか?と思ったら、エクストラボーナス(16R)をゲットし「かなりツイている!」と喜んでおりましたら、即、サウザーが登場し、2通に当選。そのまま時短スルー。全突っ込みで終了しました。いやー、今日は薄いところを引いたので、逆にこれはツイているのか?と勘違いしてしまいそうでありました。うん、残念。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る