> > お店の事情…パチスロ編
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

お店の事情…パチスロ編
2010/12/22

不思議なことに、どこにいっても、メディアを見ても…なぜか?AKB48でいっぱいなんですよね(笑)。 いやー、凄い人気ですよね。「アキバ48」なんて言ったらもう大変です。「エーケービー」ですから! そういう部分でオヤジになりたくないものです。空気、読まなくては!

さて本題に。今日はお店の事情…パチスロ編であります。最近はこんな声が聞こえてきます。「1年使えるノーマルタイプより、3カ月しか持たないART機が欲しい」という話を。まあ、事情はわかるのですが、このままのペースでいくとパチンコのように「入替サイクル」が早くなり、無理をして利益を取っていけば、客離れが一気におきるのでは?っていう危険性があるのでは、と。

パチンコの場合、4号機から5号機になって利益負担が重くなりました。それに呼応する形でメーカーも射幸性を維持できるスペックを開発してきたわけですが、もう、それも難しい局面を迎えているわけでして。

一方、パチスロの場合はどうか?って言えば、それなりに「投資バランス」が取れるようになった事は確かです。でも、利益を取り過ぎれば、プレイヤーは追いかけきれないですから、これまた入替ばかりに頼っていられないというのが現状であります。

どういう戦略を考えるか?にもよるのですが、大手は先行して入替をしても、中小ホールはある程度の機種は様子見をし、実績が出た後に購入というのもアリなのではないでしょうか? パチよりも、寿命、長いですからね。

とにかく来年のパチスロは、もっと「二極化」が進むでしょう。例えば競合店の差別化するために、人気じゃない機種を入れても難しいというのはお店もわかっているので、凄く丁寧に入替を行っていくのでは?と。もちろん、出玉面でも考えると思うんですよね。

メーカーにはヒット機種の登場を期待したいですし、お店には地域にあった「良きバランス」の設定調整をお願いしたいものでありますよ。頑張ってもらいたいものですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・サウザーに、やっと勝っても、5ラウンド…
(解説)
*やっと、サミーの『ぱちんこCR北斗の拳 剛掌』で、大当たりを引いたのに…。今日は5R→16R→5R→5R→2R通常→終わり、って感じでした。ツイテいるのか?ヒキが強いのか?わかりませんが、これがパチンコですよね〜。今度は16Rに固まって欲しいっす。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る