> > 今年最後なんで
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

今年最後なんで
2010/12/24

クリスマスイブですね。年末年始進行の関係で、今回が2010年最後のコラムとなります。今年もたくさんの人に読んでいただきまして、感謝感激です。皆様に支えられていることを実感しますと、自分のモチベーションも一気に上がるというものであります。

で、今年最後という事なので、堅い話と柔らかい話とを織り交ぜながら書いてみたいと思います。

2010年は、パチンコ業界にとっては歴史上、最大の危機だったと思います。が、しかし、社会の景況感を考えれば、まだまだ恵まれていたよ!という人もたくさんいます。それは全くの同意であります。

でも、将来を考えれば…こんなに危険な動きをしている年はありません。パチンコ・パチスロファンは確実に減少しています。「若者のパチンコ離れ」は非常に顕著で、あと数十年経過すれば、パチンコは消えてなくなるかも知れない…そんな危機感を持っている人も多いものです。パチスロだってわかりません。カジノが台頭し、新たなエンターテインメントが生まれれば、現在のような「メリハリ消費」になれているユーザーは、数%は動く可能性だって否定できません。

メーカーも台数が売れないから、多数の機種を出す…生産台数が少ない分、大きなコストダウン策も講じる事ができない。まさに「一品料理」で値段をさらに下げてくれ!みたいな感じになっています。

お店は生き残りを賭けて、身を削って投資合戦を行っています。特に大手チェーン店はなりふり構わず、新台入替だけではなくて、薄利で一気に地域のパチンコ店を潰しにかかる(ちょっと乱暴な言い方ですが…)勢いも感じ得ます。

この事が、最終的にプレイヤーへのメリット…出玉だけでなく、パチンコやパチスロ本来の非日常感とかワクワク感とか、そういう「強い部分」がやや薄くなっているのでは?という部分にも危機感を感じますね。実際、新店などもキレイで遊びやすいのですが、以前ほどの親近感はなく、無機質な感覚だけが残る…工場とまでは言いませんが、ある意味、目的は「出玉だけ」「新台だけ」という感覚で集客している…。

でも、しっかりと集客している点を見れば、これが「市場」の答え、お客様の要望に対応した答えなので正解なのでしょう。お客様の「パチンコ店を見る目」もどんどん変わってきているなぁ、と感じる部分です。そう、自分がズレているんですよね。

商売ですから、理想ばかり追いかけても仕方のない部分はありますが、さらにその先のステージには何が残るのか?…と強く感じます。カジノのような別なエンターテインメントとの複合的な業態が出てくるのか?それとも中高年層向けの会員制「パチンコ」のような業態が出てくるのか?若者が良く集まる「ゲームセンター」の延長のような業態が出てくるのか? 楽しみでもあり、不安でもありますが、新たな未来への業態開発にチャレンジしていきたいと思いますね。

「変わる事が、変わらない事だ」という言葉もありますが、変化をやめればお客様もいなくなるわけであり、お金ではなく「知恵とアイデア」でどこまで存在価値を高めていくか? このことが、2011年の大きな使命ではないか?と感じますね。もっと、自分も変わっていかねば!と強く考えています。

ぜひ、来年も「変わったチャーリー」をお届けできるように、頑張ります!

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・勝ちとれない…、いつもローラー、潰されます…
(解説)
*平和の『CR猪木』打ったんですけどね、なかなか発展しなくて、自分のヒキの弱さに情けなくなってしまいました。「てめえの力で勝ち取ってみろ!」と、隣の台から聞こえてくるのに、オイラはローラーでペラペラになるばかり。牛も虎柄にならないし(笑)。 もちろん、まだ打ちますよ!「落ちたらまた這い上がればいい」だけの事ですから(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る