> > 相当な危機感!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

相当な危機感!
2011/01/05

今日(4日)から仕事始めのところも多かった模様ですね。移動の電車がとにかく混んでおりました。あっという間にお正月気分が抜けた感覚でありますね。いよいよ2011年が始まった、という感じです。

という事で本題に。今日はとにかく挨拶周り。ま、クライアント先はお店なのでお正月も営業中だったので、いつもと変わらず…という雰囲気でありましたが。

まずは某メーカーの方へのご挨拶。2011年は相当な危機感を持たれておりました。まあ、メーカーさんの使命は良い機械を作って、たくさん市場に投入する事ですから。当然、世の中の景況感の問題等ありますが、この円高をうまく使って乗り切ってもらいたいものであります。パチンコやパチスロは内需産業ですから、競争も激しく厳しいですけども、現場が支えているのは間違いないところですから。応援しております。

で、次は販社さん。販社さんもまた…相当な危機感を持っておりまして。とにかく「機械流通」は新台が多数市場に出ないと活性化しないというもの。もちろん資産価値も下落傾向にあるので、買い取り基準も大きく変わってきていますし。

役割としては、流通のみならず、色々な方向性があると思うわけですが、とにかく今年は勝負の年という話でありました。

最後にパチンコ店。まあ、これは言わずも…という部分でありますが、パチンコ離れは深刻です。パチスロも着実に二極化が進んでおります。地域で少ないパイ(お客様)を取り合う状況が進んでいるので、戦い方も「消耗戦」を呈しているという状況ですから。

パチンコなら以前からも話をしている通り、高齢化対策を打つところもあれば、1パチをやめてスロを増台するお店もあったり。全館全面禁煙のパチンコ店も登場しておりますし。「個性」という名の軸はまだまだ広がりを見せるような感じでありますが、同時に「もっと先」を考えるというのも大事ですよね? 装置産業ですから、設備投資には多大なコストがかかるし、お客様の飽きも早くなっているのは間違いないところですから。

という事で、自分自身にも危機感が一層高まってきた、という1日になりました。今年はどうもそういう年なのでしょうね。頑張らねば!

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ライオンよ、どうしてハゲタカ、倒せない!
(解説)
*ライオンがねぇ〜、ええ、今日はサミーの『ぱちんこCR獣王』を打ったわけですが、ライオンが負けるんですよ。ネコ科はすべて好きなんですけどね。いやー、強いライオンが見たいっす!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る