> > 「違い」を出すのは難しいけど…
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「違い」を出すのは難しいけど…
2011/02/09

凄いね、ソニー!プレステが楽しめるアンドロイド搭載のスマートフォンを開発するとは。問題は電池の持ちかなぁ? ゲームやり過ぎると、電池すぐになくなるし、どこまで充電、持続するのかな? いやいや、楽しみですよね。ホントに。

さて本題に。今日は朝から曇っていたので…もしや?と思っていたら、最後の最後で雨にやられてしまいました。火曜日ってホント、天気悪いんだよね。きっと気のせいですけども。

今日も、各所を回り、営業に打ち合わせに会議と動きまくっておりました。4月も5月も…何だかパチンコもパチスロも凄いスピードで機械が登場しそうです。で、昨日も書きましたけれども、あまりにペースが早いので稼働の下落も止まらないというか、それだけコストはプレイヤーに振り向けられているっていう事ですからね。どうしても、悲しくなってしまう部分がありますが。

やはり、競争を優位にしていくには、どうしても他メーカーとの「違い」っていうのを鮮明に打ち出さねば!って事なのでしょうね。それが開発機種数であったり、スペックであったり、モチーフであったり。自由度は少ないけれど、一定の基準で開発を競い合い、シェアを取っていかねばなりませんからね。

お店は…というと、既に「新台入替」で集客する手法は崩れてきていますから、別なところで他店との「違い」を出していかないといけないので、そこが難しいですよ。だって、同じ機種が同じエリアである程度導入されているか?っていうだけでも、稼働の下落スピードも早くなっていますから、利益がより取れなくなっているのが実態ですし、機種購入=ハイリスクな要素に変わりつつありますから。慎重になるというものです。

最後にプレイヤーですけども…これだけ景気悪いと言いながらも、開店からパチンコやパチスロ打っている人、いますし、根強いファンに支えられているなぁ、というのを午前中なんかは実感しますね。都心のお店でも結構、遊んでいらっしゃる! 捨てたものではありません。

絶対数は確かに減少していますが、全員が一斉にやめているわけではないので何とか減少を食い止めるべく、競合店との「違い」をもっと考えながら…ですね。もうハードに多額の投資を行うというやり方だけでは難しく、ソフト面でも充実を図っていくというは大事です。そして、一番は「お客様がお客様を呼ぶ」っていう事ですね。繁盛=これからも繁盛って方程式だと思うので、いろんな側面でこの時代を乗り越えてもらいたいって思っています。うーん、頑張らねば!

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・トラップが、4回続いて、負け確定…
(解説)
*ライダー…打ったんですが、1回目のトラップで「小当たりかな?」と思ったら2R当たり引いてまして、74回転まで頑張ろう!と68回目に再び「トラップ」に入り…首領ステージまでいって、落ちて…また55回目でトラップ。さらにまた落ちて、22回転目で再びトラップ。もう、小当たりなのか?2R当たり引いたのか?良く分からなくなりましたが、とにかく74回転まで打たねば…と頑張って、やっとこ大当たりを引けたものの、現金投資が最後まで響きまして、負け確定です。変なところでヒキが強い時ってありますよね?今度こそ、リベンジだ!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る