> > 納得のいく「負け方」を求めて…
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

納得のいく「負け方」を求めて…
2011/02/16

このニュースにはビックリしました。なんでも「底辺大学生、九九できない・アルファベットわからない」だそうですが、さすがに九九は小学2年生のレベルですからね〜。マズイっしょ、マジで(笑)。まあ、ホントなのかな?っていう部分もありますが、全問正解者が半数以下って話でした。真実はどうなんでしょ? 気になるなぁ。

さて本題に。まあ、毎日暗いニュースばっかりで気が滅入ってしまう程なんですけど、凄く少数なのかもしれませんが、なんとかしてお客様を集めたい!と努力しているホールもあるわけでして。

そういうお店は「ホントに出玉で還元したい!」っていう姿勢が出ているんですよね。なので、もっと「お客様にやさしいお店で打ってもらいたい」と切実に願うわけですが、やっぱり「近い」とか「新台が入っている」とかそういった店舗選択をしているユーザーがマジョリティーとなり、世論を形成しているわけでありまして…。遠くまで行くのはさすがにキツイと思いますが、それでも真摯に集客の努力をしているお店もあるっていう事を分かって欲しいなぁって切に願っています。

ぶっちゃけヒドイお店が増えたのは認めるところであります。交換率の変更もさながら、そういう部分を考慮しても「勝てそうもないなぁ」って思うお店っていっぱいありますから。それでも少数派かもしれませんが、頑張っているお店もありますので、ぜひそういった(相性含む)お店の情報を掴んで遊んでもらいたいなぁと思っております。

だって、同じ負けるにしても、回る方が納得いきますしね。回らない…しかも負けるだとストレスも増加しますから(笑)。

以前にも書きましたが、優良店の見極め…って考えた時に、やっぱりお客様が恒常的に集まっている!というのが第一の条件で、次にイベント時の信頼性による体感…だと思ってます。

例え負けても「納得のいく負け方」ならば、そのお店に通いますし、そういったお店を探すっていうか、お店側もその部分をアピールしたい!っていう部分が強いので、積極的に情報を取って、手間かもしれないですがそこまで移動して遊んでもらいたいっていう気持ちは強いですね。

お金は大事ですし、遊ぶならそういうお店で遊んでもらいたいとおもいますし…今後は、そういう気持ちがプレイヤーに伝わったお店だけが生き残ると思います。大変ですけどそういう部分にはもっと手間をかけてもらいたいなぁと思っています。だって、プレイヤーにとってもチャンスですから。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・溺れたね…、お財布既に、タイタニック…
(解説)
*粘りました! マジでタイタニックをじっくり打ったんですけど…、ヒキが弱過ぎであります。完成度が凄く高くてマジに夢中になったんですけど…、それと収支は別問題ですから。パチンコは難しいものであります。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る