業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

2月はね…
2011/02/25

「天下り、根絶どころか…民主政権で天下り4240人」ですか。ちょっと数だけ見ると多いのか少ないのかはわかりませんが、減っていないことだけは確かなようです。まあ、タイトル通り根絶にはまだまだ時間かかりそうですけどね。

さて本題に。今日はとってもあったかい一日でしたね。ポカポカでした。しかしその一方で、パチンコもそうですが日本全体が寒く暗い雰囲気になっていますよね。「誰のせい?」とは言いませんが、消費マインドが上がっていかない限り…そう、お財布の紐が緩くならない限りは景気も上がってきませんから。

今日も午前中にクライアント先周辺の競合店を見て回ったのですけども、まあ、お客様がいない。ええ、釘を見ても相変わらず…という感じです。そのクライアントの店長が打って偶然にも大当たりしたわけですが、「スタートも大当たり出玉も削り過ぎ。10%くらい違うかも?」とおっしゃっていました。特に毎日打っている人から見れば露骨に「締め具合」はわかりますものね(笑)。

理由の一つは、2月は日程が悪いっていうか営業日数が少ないからですね。でも支払いは一定だから、どうしても利益を「取り」にいっているかも?と思われます。今度の土日は給料日明けってこともあるので、ちょっとどんな感じになっているのか見てみたいわけですが(笑)。

本音を言えば、もうヘビーユーザー層には「通用しないんじゃないか?」って感想です。釘が開いている感覚は全くないですし、スロも派手に告知されても実際に行ってみてガランとしていると、どうしても「期待」じゃなくて「警戒」から入っていきますから。

不思議なもので、お客様が入っているお店は「お客様を呼ぶ」という効果があり、ある意味「選択の幅が広がる」って言いましょうかね。やはり、イベント時の信頼を上げる為にも…しっかり予算を確保して対応してもらいたいなぁと思っているわけです。しかも継続して欲しいですし。

今、お店もチャンスじゃないかな?って思うんですけどね。玉を出すとか高設定を入れるっていうことではなく、ほんの少しだけ他店に勝る「のびしろ」をつける点に注力すれば差を感じてもらえる土壌が出来上がりつつあるわけでして。

もちろん市場は変化し続けているので、常に観察して適応していかねばなりませんけども。狭いエリアでの事業ですからね、ユーザーが「どこのお店と比較して良し悪しを図っているか?」という部分に着目していけば、やり過ぎもやりなさ過ぎもあるかな?と思っているんですけど。3月は…もう少し優しい営業をして欲しいなと切に願っております。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・新しい、海の水温、低すぎです…
(解説)
*結果として儲かったから良かったんですけど、『CR新海物語』ですね、まあ回らない。しかも出玉を削り過ぎ。大当たり中の消化時間が長くてガッカリでした。スグに当たったから即ヤメしましたけど。不満です、今のパチンコ…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る