> > まだまだ出るアイデア
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

まだまだ出るアイデア
2011/04/06

なんだか心配になっちゃいますよね。原発の一件では内外の専門家が「日本政府は情報公開していない」という声が上がっているとかで。もう、国民は何を信じていけばよいのかって感じですよ。頼みますよって思います。ハイ。

さて本題に。今日も朝から良い天気ですが、夜はかなり寒いですね。まだコートを離すことができないわけですが、花粉もあるようなので皆様体調にはお気をつけください。

さてホントに本題。今年の夏の節電対策。どんどんアイデアが出てきてパチンコ店でも動きが活発になっているようです。ヒヤロンも「考えたな」って思ったわけですが、今日の話では小型の扇風機が売れている模様です。島の端に扇風機をつけて空調の設定温度を1度でも上げようという作戦。そうですね、空調はもっとも電力がかかりますので、1度違うだけでも節電効果は大きいと思われます。

もう一つ面白かったアイデアは視覚効果であります。寒色系の色って実はあまりパチンコ店では多く使われてこなかった色彩なんですけども、今年の夏は見た目から変えていこうという作戦。もちろん、これはちょっと効果が計りづらいわけですが、工夫して行こうと画策するお店も多いようです。

その他、エスカレータ等のやや電力のかかりそうな付帯設備はできるだけ止めて、地域によっては「時間打ち」コーナーなどで最も電力需要が上がりそうな時間帯を狙って対策を講じるというアイデアもあるようです。

ようやく4月から5月にかけての新台入替の予定なども決まってきている中で、計画停電もここ数日は回避されたものの、次は夏場や冬場に電力不足になる可能性があり、しっかりと対策を講じていきたいということでしょう。LEDなどの設備投資が難しいならば、レンタルやリースを行うサービスも出てきましたし、今後そういった節電への選択肢が増えてくればと思っています。

それでもよく考えれば全国のお店がこういう状態ではないんですよね。ですが、英知を結集していけばまだまだ節電対策のアイデアは出てくるはずですし、募金・募玉活動やチャリティー用景品の提供等、これからもずっと継続して取り行ってもらいたいものですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・矢吹丈、甘くなっても、すぐ退場…
(解説)
*もー、ホントにお金も時間もないので甘デジのジョーでちょっぴり勝負。やっぱお金持ってないと甘デジも勝てませんなぁ。すぐ退場でありました。残念。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る