> > しっかり議論して欲しいけど…
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

しっかり議論して欲しいけど…
2011/04/12

石原都知事が4選ですね。1リーダーシップとか実行力とか、中高年層の支持を圧倒的に受けての当選ですものね。ギリシャ並みの国家予算がある東京都ですから。ホント、復興支援に向けてダイナモ(発電機)になって欲しいものであります。ハイ。

さて本題に。最近へこみます。ホント、パチンコ業界のバッシングの大きさは半端じゃないことを実感しておりまして。もちろんへこんでいても仕方ありませんが、自助努力を続けていくしか方法がないので、前を向いて頑張っているんですけど、それでも色々なことを考えます。

また怒られるかもしれませんが、日本は民主主義だけど「産業がなくなったその後」っていうのを、みんな想定しているのかな?と感じます。ええ、多数決の世の中ですけど、例えば「原発」の問題。仮に原発がなくなっていったその先には何があるのか? 自然エネルギー? 風力? どんなエネルギー資源に投資していくのか? その見込みとか、今の生活シーンにおける利便性とか…将来にわたる長期ビジョンは? そういうのが担保されるのかなぁ?とも思うフシがありまして。そこはもちろんこれからの工夫なんでしょうけども。

また「タバコ」とか「パチンコ」もそうですね。なくなった…その後はどうなのか?という部分。タバコは嗜好品ですし、生きていくのに不必要と言えばそれまでですが、困るのは葉タバコ農家とかJTとかですかね? 完全に縮小・消滅するし雇用も維持できないでしょう。それを含めてですね、なんとかしていく道筋っていうのは事前に考えるべきだと思うのです。

そしてパチンコ業界。パチンコ店がなくなった時には…メーカーもなくなりますし、販社もなくなりますし、想定で約50万人の方々が失業します。納税金額も年間数千億円の減少となりますので、これはこれで日本としては大きい。その先のロードマップもしっかりしていないと、一つの産業が自然淘汰でなく市場原理が働かないままに終わってしまうのは非常に怖いなぁって個人的に思うところです。

結局、その道筋とかロードマップっていう部分は…国民に選ばれた政治家の方々のリーダーシップにかかるわけですが、もっともっと議論して手を打っていくべきではないか?と。メディアとも連携して正しい情報を出して欲しいし、判断材料が少な過ぎっていうのはあると思いますよ。

個人的には、産業でも厳しい「競争原理」が働いている資本主義社会なので、「強制退場」ということになる場合は、何度も言いますけど事前に道筋をしっかりつけておく必要があると思いますね。いろんな角度で色々と考えてもらいたいものであります。

無論、節電や義援金含めて…積極的に努力するのに変わりないと思っています。これは長期にわたって復興支援していく為にも絶対必要なことですから。業界全体にもさらなる取り組みを期待したいものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ヨン様の、笑顔が見えず、辛い日に…
(解説)
*陽気がそうさせるのでしょうか…。突然、冬ソナが打ちたくなりました。純愛を見たい…。でも、ヨン様の笑顔は拝めず。甘デジですから。ガックリ…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る