> > 人気機種復活がトレンドに?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

人気機種復活がトレンドに?
2011/04/14

今日はGW並みの暖かさでしたが、花粉…まだあるんでしょうか? 目もちょっと痒かったですし。アレルギーの可能性も否定できませんが、油断は禁物ですね。マスクだけは何故かいっぱいあるんですけど(笑)。

さて本題に。今日は徹夜で朝まで夜通し仕事をして、昼過ぎくらいに一段落しました。いやー、ホントに良かった。(でも必要なファイルを飛ばしてしまい、かなりへこんでいるわけですが…)

その後、以前ある人から「あのお店、今のタイミングで『冬ソナ』と『仕事人』を中古で再設置している」と聞いたのを思い出し、ちょっと見に行くことにしました。

実はクライアント先のお店でも『天国の階段』がまだ設置されていて、なかなかの高稼働。女性のお客様の支持が高いです。もちろん時代劇物の稼働も比較的高いですね。バトル系ではなく『黄門様』のような「勧善懲悪」ものが特に。世の中が不安定になってくるとこういうテイストの機種に人気が集まるのかな?と感じる部分もありますが、やはり客層や年齢層が大きく影響するのだと思います。

お店に到着して見てみると結構な台数が設置されていてちょっとビックリ。イベント対象機となっていまして、再設置とは思えない力の入れ具合。データ回転数を見ると、その時間帯にしてはかなり数字が上がっているなという感覚です。
もっとも3円交換のお店ですからヘソだけでなくアタッカー周りも確認しないと怖くて打てませんが、演出とか流れがわかっているはずなのに面白いですね。お決まりのパターンが期待度の高いリーチ演出のみでなく、予告演出から「そうそう」と理解されている機種というのは短時間勝負を好むユーザーには「ちょっとだけ…」という気持ちを持たせるきっかけにもなるのかな?と。

機種のスペックや演出がどんどん複雑になるにつれ、過去の人気機種やシンプルなゲーム特徴の機種にも目が向けられるようになるというのは面白い現象です。お店側は、小台数でも機械を撤去する時は配置変更を含めてよく考えることが大事かもしれません。

おっと、補足ながら現在各メーカーは部材が足りないようで、「機械の下取り政策」が活発化しています。リユースやリサイクルも死活問題ですから。資源を有効利用する形へと業界も大きく転換していくと思いますね。注目です。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・パトラッシュ、やっぱりオイラは、犬が好き…
(解説)
*やってしまいました、STスルー。ST機はね、これがあるんですよね。ヒケない時はヒケませんって。何かに癒されたい気持ちになりました(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る