> > ここは協力すべき!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

ここは協力すべき!
2011/04/22

複雑ですなぁ、引退した力士がプロレス転向を結構表明しているとは! 格闘技界も棘の道ですからね。でも、エンターテインメントは、今まさに正念場でありますから頑張ってもらいたいものですけどね。ハイ。

さて本題に。今日も朝から転々と移動を繰り返し、商談やら打ち合わせやらでバタバタしておりました。前述とプロレスと相撲というように、最近は「○○×●●」という、事業のシナジーを求めての展開や取り組みというのが目立ってきているように思います。

今日もパチンコ店やパチンコ業界だけでなく、いろんなアライアンスというのが考えられないものか?と。凄く小さい話ですけど、パチンコ店にもう少し「法律的な要件」が緩和されたらいいのかなぁ?と思っています。例えば街のあらゆるお店で使える「ポイントカード」みたいなものができれば、ポイントでマックも買える! コーヒーも飲める! 美容室もいける! 日サロもOK! みたいな。

駅周辺・街周辺で共通カードを作ると利便性が高まるんですけどね。グルーポンみたいな方法もアリですけど。お店は立地を有する事業ですから、その地域の人達の利便性を上げるためのサービスならいいのかな?って思うのですが。

ちなみにこれがダメな理由は…射幸心を煽るっていうことですね。来店ポイント付与とか、行き過ぎる可能性があるのでしょうが…この部分はあくまで推測ですけど。

とにかく食べ物屋さんでもデパートでもそうですが、お客様を集めるのに苦労しているわけです。ならば地域の利便性を高める方法で、近隣の競争相手となにか協力し合える部分はないのかな?と思ったりします。もちろん同業の競合相手とはよくアライアンス方法を考えるべきですけど。

ただただ入替したりイベントするだけじゃなく、そういう部分でも街のアンテナショップとして街をリードする存在になって欲しいんですけどね、パチンコ店が。…今は難しい局面でありますが。

理想がないと頑張れない部分がありますから、そういう取り組みにも目を向けて未来を切り拓いて欲しいですけど。早く風適法から外れ、パチンコ法の成立を願うしかないですね。いつになるのかなぁ?

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・突然の、沈んだ自顔に、ビックリだ!
(解説)
*サンセイの『CRGTDREAM』は、ゲームの流れでよく画面が「ブラックアウト」するじゃないですか。皆さんは自分の顔にビックリしないですかね? 「ああ、自分はこんな顔して打ってるんだ」と、帰りたくなるのは調子が悪いせいでしょうか(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る