> > パチンコ…考えて欲しいよ!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

パチンコ…考えて欲しいよ!
2011/04/25

不景気なのに、節電関連商品は凄く売れていますね。今度は「節電テレビ」が販売される模様でして。電気製品等、新しい市場が生まれてくる可能性がありますよね。節電ポイント制度とかも賛成ですよ。頑張りがいがあるというものです。

さて本題に。ある人から「今、パチスロのメダルが足りない」という情報をキャッチしました。素材関連、世界でも高騰していますから。さらに東京都では特殊景品の価値が変わりましたよね? 金ですから。この金も世界でどんどん上昇しているから、またさらに価格が変化する可能性もあるようです。うーん、気をつけて動向を見守りたいところですが。

あと、ちょっと気になるのが「常連さん」であり「高齢者」の方の来店頻度が少なくなってきたのも今の問題です。遊ぶ時間も短くなってきているし、震災後に最もマインドが落ちてしまった年齢層なのかもしれません。

そりゃ、復興支援で年金財源を使って支給年度を引き上げるという話ですから死活問題です。そういう部分も…少し影響が出ているのかもしれませんね。

パチンコ機は…今年に入ってから、基本スペックがとても「荒い」という印象です。潜確とかヘソ&電チューのラウンド振り分けとか、大当たり別の出玉数の違いや、最近は時短回数も振分けになっていて。

個人的に「面白い機種」ならそれでいいのですが、初心者やたまに打つプレイヤーから見れば、見た目の大当たり確率だけで判断できず、同じ「荒い」にしてもどういう特徴を持っているのかわからないと思いますね。

これではいつまでも同じ。少ないヘビーユーザーを中心に商売が進んでいるわけですから、顧客のすそ野は広がるどころか減少していくでしょう。

ここはスロを参考に、パチンコも「長く打てば打つ程に勝てる可能性が高くなる」という仕様、どうにかできないものですかね? ええ、まぁ、釘調整で全てが白紙になる危険性は持ち合わせていますけど(笑)。「にわとりか? 卵か?」ではないですが、だから「大当たり→即ヤメ」をする現実を捉えて欲しいです。そこを「モード移行(潜確)」や「時短」で稼働を引っ張っていくのは厳しくなっていますしね。

「機械代は高い」「機械の生産量は減少する」「景気悪く確率の甘い機種に支持が集まる」「低貸営業が強く、4パチ営業はさらに厳しくなる」…とこんな感じでしょうか? こういう状況の中で、どんなバランスをお店は考えていくのか? また、お店の稼働の格差はさらに広がるのか?って注目しています。

プレイヤーは余計に「お店選び」に注力していくでしょうし、そうしてもらいたいです。ホント。勝率、上げていってください。

【今日のチャーリー、独り言】
・星になる…、巨人でなくて、マイ諭吉!
(解説)
*一度も勝ってないなぁ。『CR巨人の星』は手強い!プロ野球の方は頑張っているんですけどね。ロッテファンだからそっちはいいんだけど(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る