> > 星の数ほど…あっていい!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

星の数ほど…あっていい!
2011/04/26

キャンディーズのスーちゃん…肉声のテープをニュースで聞いて、また涙が出てきてしまいました。謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。ホントに早すぎる…。

さて本題に。今日は昼間に突然の雷雨でビックリしたわけですが、ひょんな話で「オカルト」のことについて業界の方と話をしておりました。

先日、京楽の『びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門2』を打っていたのですが、隣にいきなり女性が座って、ひたすらウェイト画面のままボタンを押し続けている…。すると右から「スズメ」がどんどん出てきて、何故かその数をカウントしていまして。そうだなぁ?30匹くらい出してたかな?

「何かのオカルトだろう」と思ったわけですが、その後1000円くらいで2R確変を引いちゃって、オカルトってわかっていても何故か?いつもよりも妙に悔しくて(笑)。

あとから考えてみると、オカルトができる程の機種は凄いんだ!と思うようになりました。それだけ打ちこんでいて、それだけ支持があるわけですからね。人気がなければオカルトもなんでもないわけでして。

ウソか?ホントか? 勝負にどれだけ関係があるのか? などなど色々意見があるのは知っていますが、娯楽としてパチンコを考えている人にとっては楽しみの一つにもなっているんだなぁと再認識したわけです。

オカルトを肯定する・否定するのではなく、色んな形があっていいのかな?と。勝負にこだわるのも収支にこだわるのも必要だし、こういったオカルトが楽しくて打つというのも良いし。釘の配列とか玉の動きに興奮しても良いと思うわけです。プレイヤーは十人十色なわけですからね。

今の時代、お金がかかり過ぎる娯楽だとか、射幸性が低くなっているとか意見は様々ですけど、パチンコやパチスロに対して持っている「距離感」って人それぞれですから、選択肢を増やすというのはとても大事だと考えています。

どうしてもメーカーとしては高品質で且つ「売り上げの上がる機種の開発」を目指す傾向があることから、決して良いバランスに向かっているという状況ではないので、そういう部分は先を見据えて考えて欲しいです。

オカルトも星の数ほど出てくるような…そんなパチンコ機の開発を期待したいですし、お店も…もう少し頑張って欲しいな(笑)と。ええ、釘ですけど。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・アクエリオン、大当たりまで、一万年?
(解説)
*全然当たらないんですけど! パチのアクエリオン! もう、スロに転向しようと思っているのですが、空き台がないんですよね。時間帯が悪いのでしょう、きっと。しかし、パチは相性が悪い…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る