> > 入替が難しくなる時期に…
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

入替が難しくなる時期に…
2011/05/09

「モーニング娘。OGがコンサート」というニュースを発見。モー娘。もOGっていう層が登場ですか…。歳をとったものであります。大体キョンキョン世代ですからね、オイラは(笑)。歳がバレますが。

さて本題に。既にチョコチョコと暑い日があり、いよいよ夏本番ですね。今年は東日本地域では「輪番休業」が実施されることや、節電を続けるということもあり、お店の準備もやや緊張気味というかピリピリムード。でも、色々工夫して難局を乗り越えてもらいたいものです。

さらに難題がもう一つ、新台ですね。これも今からピリピリムード。なんせ部材が足りないので仕方ない話なんですが、どうやってお客様を盛り上げていくかです。

個人的には毎日のようにパチやスロを打てるわけではないので、もうちょっと長期間設置されているといいのではと思います。同じ釘が締まっているのであれば打ったことのない新台を打ちたいですものね、消去法ですが(笑)。

夏場は入替が少ない分、出玉で還元して欲しいと切に願いますが、どうも釘だけじゃなく…スペックの荒さも問題では(?)と思うんですよね。潜確や小当たりはもちろんですけども、大当たりラウンド数の振分けがあるとかアタッカーが2つあるとか時短回数が振分とか…そういう機種は「荒い」です。

うーん、もっと簡単に言うと、5人中1人勝つところが、10人中1人が勝つというイメージでしょうか? 釘も大きいですけど運・不運に左右される振り幅が大きいということになります。

正直、機種スペックについてそこまで細かくお店から説明がなされているわけではないので注意して欲しいと思いますし、勝負の勝ち負けに加えて「同金額で遊べる時間の長さ」というのもかなり違うと思いますから、ギャンブルと余暇と…どっちも自分に合わないってことがないように機種の選択はよく考えてもらいたいです。

いわゆる「短時間向き」の機種が増えたのかなぁと。といっても以前よりは大当たり消化時間と出玉数の関係(振り幅)は小さくなった方だと思いますけど。

パチスロはすっかり「台売り」がパチンコと比較して小さくなっているし、同金額で遊べる時間が長くなっていますよね。その枠の中でART機能とゲーム性が改善され、ファンにそれが根付いてきたというのが大きいのかなと。釘調整じゃないから3枚入れれば1回抽選を受けられますし(笑)。

話を戻しますが、とにかく夏場から年明け頃まではパチもスロも新台の供給数は大幅に減少するので、お店も色んなイベントなどを交えながら盛り上げて欲しいなと思うわけです。お店全体の出玉って体感しづらいし個々に感覚が違うので「魅せる」のは難しいですけども、お店の真の力が問われる部分なのかなぁと思っています。

何度も言いますが、基本、知らない土地やお店でパチやスロを打つ場合は、お客様の「数」で最初の見極めをするのが定石と個人的には思っているので、お店が新しい・古いとか、設備が抜群とか、好みが色々あると思いますけども、自分にとって一番相性の良いお店を早く見つける研究してもらいたいものであります。

今年の夏の動きは注目ですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・俺の空、厚い雲が、覆ってる…
(解説)
*ノーマネーでしたよ、俺空。久々に勝負したんですけど、普通負けても見所の一つくらいはあるんですが…今回は何も起こりませんでした。こういう時もありますよ(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る