> > やっぱりノーマルが…
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

やっぱりノーマルが…
2011/05/10

今日は凄くたくさんの方々と会って話をしていたわけですが、今年のGWは概ね昨年並みというか、想定よりも落ち込みは抑えられた、とのことでした。少しづつですが、日常を取り戻せるようになれば……と祈っております。

さて本題に。今日はパチンコの「セグ判別」の話。この話題もかなり盛り上がったんですけど、結構覚えている人が多くてビックリ。しかもですよ、好きな機種だけじゃないんですよね。色んな機種の色んなパターンを覚えているらしく……。

聞けば、不思議なんですが「一つ一つ確認していったら、結構覚えられた」というからさらにビックリ。確かにあのセグを見て一喜一憂するのはわかります。天国と地獄の差(笑)……いや、その後のモチベーションが違いますものね。

でも基本的には「小当たり」とか「潜確」とか「アタッカーパカパカ(開放秒数の変動)」とかはキライです。そこはキライでも演出やモチーフが好きだったりするから、統一して欲しいのに……と考えてしまう次第です。「そういう機能がなかったら、もっと面白かったのに……」と思ってしまうほどでして。これは個人的な意見ですけど。

今はあまり見かけませんが、ジャグでGOGOランプをお札で隠す人とか、そんな心境ですね。自分もセグを見てわかっってしまうのが悲しいタイプ。しかし、悲しい性(サガ)ですね。セグという存在を知ってしまうと、つい見てしまいます。小当たりの時のガッカリ感から即ヤメしたくなるわけですよ。

もちろん、そこが好きだから「打っている」という人、覚えている人も多いわけですが、いよいよ時短の回数まで「振分け」の時代に突入しましたからね。ここまで来ると、ドノーマルっていうか15R出玉有の時短100回付きの機種がどれだけわかりやすいか……と考えてしまいました。

マジョリティは、こういった「モード移行」が支持されているのは理解していますが、小生のような少数派のユーザーは取り残されていくのかもしれません。

いっそのこと、スタートベースゼロの「スルー」でいいので、3回権利物とか作ってくれないかなぁ?と(笑)。運・不運ならそういう機種に賭けてみたい! 最近、本気でそう思うようになってます。病気ですな。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ハヤテから、カエデに変わって、お尻浮く!
(解説)
*「今さら何打ってんだ!」という声が聞こえてきそうですが、また『ニンタマ』で勝負しちゃったんですよね。ART中にハヤテからカエデに変わってお尻が浮く程ビックリしました。調子に乗ってしばらくはスロを打つ事にします。パチは勝てないので(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る