> > 節電対策、いよいよピーク?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

節電対策、いよいよピーク?
2011/05/25

アントニオ猪木は神ですね、ホント。こんなニュースをキャッチしました。「3、2、1……、ガガッ!!レディー・ガガ最新アルバム発売でアントニオ猪木が闘魂の雄叫び!!」ですって。レディー・ガガのイベントに猪木とは凄い企画だ! 世界がもっと元気になると良いのですが。

さて本題に。昨日話題に出たのがやはり7月〜9月の「節電対策」です。とにかくパチンコ店は節電していかねばなりません! 輪番休業だけでなく、日々の電力削減に「どれだけ実現できるか?」が問われているだけに色んな情報を集めています。

でもですね、やはり「お金」がないとそんなに設備投資ができないのも現実。その一つは「自家発電」ですね。これは高い! しかもある程度の設置場所も必要ですから。二つ目が空調の設定温度を自動でコントロールできる制御機器。これ、お店の中の温度が一定以上いくと……というものでなく、お店全体の電力量が基準を超えそうになると空調の温度調整してくれるというもの。凄いです。でも金額も凄い! ちょっとビックリ。うーん?? 3ヶ月で9日間も休まねばならないですし、考え所だと思います。

3つ目が窓にフィルムを貼って日照をカットするもの。これはテレビでもやってましたよね。透明ながら熱だけをシャットアウトするという商品。室内の温度がこれだけで「かなり変わる」という優れもの。しかし! 1平方メートルあたり「○○万円」するというもので……窓全部でどれだけあるの?と測ってみたら、軽く「○百万円」を超えました。悲しい……。

内輪に冷えピタに空調に、エスカレータにエレベーターに自動販売機、LED電球交換に扇風機設置等々、とにかくこの2ヶ月近く節電に向けて努力していった結果、驚く程に電気料金が下がっているのにもビックリでした! やればできる……。

もちろん夏場に「空調無」っていうわけにはいかないので予断を許さない状況ですが、どうやって目標を達成していくか必死です。恐らく、どのパチンコ店も色んなアイデアを出して議論していることでしょう。

さらに冬場や来年の夏場を見越して、それに見合った長期的な投資プランを考えていかねばならないのですが、とにかく今年の夏は例をみない取り組みにチャレンジしようということなので大変です。

でも困難は「考える力」をくれる!と前向きに考え、お店を良い方向に変えるキッカケにはしたいですよね。皆様もアイデアがあれば、ぜひ!

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・今日もまた、情熱のない、ドンちゃんだ…
(解説)
*うーん、ドンちゃん、勝てないです。ボーナスは引きますけどね……相性の良し悪しもあるのでしょう。勝ち抜けない。暑い夏まで待てってことなのでしょうか? ちっくしょー(小梅大夫はどこへ……)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る