> > 「不満」は似ているね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「不満」は似ているね
2011/05/26

ご当地グルメでしょうけど、徳島の「アワビバーガー」がワンコインで販売されるという情報をキャッチ! 限定発売だそうで。贅沢ですな、しかもワンコインとは。徳島には……近日中には行けません、残念!

さて本題に。今日は良いお天気でしたね。外回りしていると汗ばむ季節となりましたが、最近ホントに「パチンコで勝てない、当たらない」という話ばかり聞きます。周りに景気の良い人はいませんね(笑)。

興味本位ですけども、みんな「どんな機種選びをしているのか?」とか「どういうポイントで機械を見ているのか?」って凄く興味があります。そう、特にこういう時期は……ですけども。

パチンコでよく言われるのが「新台」ですね。これは業界人だからっていうわけではないですが、「同じお金を使って遊ぶなら新台」という人は多いということでしょう。もうひとつの理由が「その他の台は回らないから」という考え方。これは業界人っぽい答えですけども、1ヶ月くらい前に導入されたばかりの機種はほとんど調整されてませんものね(笑)。稼働が下がってしまえばある意味放置状態……っていうお店が多いということなのでしょう。

逆に「開けたから、閉めたから」という変化が、その機種には期待を求めていない表れなのかもしれません。そういう反応を見ていると、まさに「にわとりが先か?たまごが先か?」みたいな論議で、お客様も離れていき、そして撤去される……そこまで見越しての機種選びなのかもしれません。

大当たり後に即ヤメする理由で面白かったのが、確変ベースですね。これは確変後の高確率状態の時に電サポがある場合、あまりに玉減りが早い台、これはイヤだ!と言っておられました。

人それぞれ体感する「レベル」っていうものがありますが、ほぼ100%に近いくらい「不満」を持っているということは、それだけ「常軌を逸している」ということなのかもしれません。反対にまともな台の方が珍しくなっているようでして。

ちょっとだけ機種の性能やスペックを知っているだけに「そこまでやらなくても……」という台が多いですからね。メーカーもそれを計算に入れてゲージ設計をしていますけど、それ以上の閉めっぷりですから「不満」は解消されないのでしょう。

なかなかこの問題の「解」は見当たらないのですが、大元を辿れば全て「お客様の遊技金額」ですからね。先日書いたように「勝たないと次打てない」のは明らかです。なんとかならないでしょうかね、パチンコ……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・マドンナを、聴くまで諭吉、1人分…
(解説)
*某店舗でレインボー札の刺さっている機種が「プレイボーイ(山佐)」と「くりいむしちゅー(ロデオ)」だったわけですよ。で、プレイボーイを打ったんですけどね、マドンナ聴くまで1万かかりまして(笑)。ヒキ弱っ。でも千円勝ったから良かったんですが。危ない危ない……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る