> > 「美しい!」と言わせるプロ
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「美しい!」と言わせるプロ
2011/06/20

初代タイガーマスク、手術みたいです。ふくらはぎだそうで、幹細胞手術を行って根治を目指すという話ですが、復帰して活躍してもらいたいものです。今年はタイガーマスクの年ですから!

さて本題に。先日、自分のクライアント先の大きなイベントが開催されまして、その「反省会」で打ち合わせに行った時の話です。

釘調整を担当しているスタッフから、「いやー、なんだかプロっぽいグループがやってきて、ちょっと気になってカメラ見てたんですけど、あの打ち方は芸術ですね。美しい!」とえらく感心した様子。

「おいおい反省点はそこじゃないだろ!」って心で突っ込みを入れながらさらに話を聞くと「とにかく止め打ちが上手いんですよね。1日トータルで時短ベース140って凄くないですか? マジでああやって打つんだ……と感心しましたよ」と凄く自分でもやってみたい!というようでした。

「おいおい、調整は大丈夫?」とまたも心の中で突っ込みを入れたわけですが、とにかくプロでも本物がくると「美しい」とスタッフに言わしめるくらい凄いんだなぁ、と実感した次第です。

昔はかなりそういった方々が立ち回っていたものですし、そういった見えないお店とお客様との「駆け引き」も楽しい時代がありました。今はどちらかといえば、パチンコもパチスロも「情報公開・公平感・納得感」という部分を重視している傾向があるので。これも時代の流れなのかもしれません。

最近のパチンコは電サポの開放パターンも複数存在する機種が増えましたし、もちろんスルー部分の調整で時短ベース70近くで運用しているお店もあるので、パチンコの「技術介入要素」は減少してきているんですけどね。

正直少しでも「この店は食えるなぁ」と思ってくれるとありがたいですけど、色々な人が楽しめる、そういうお店作りって必要なのかな?と思っています。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・サメ2回、これでしばらく、見納めね……
(解説)
*もー、海打ったら2回連続サメなんですもの!「2回も当たったの?」という声も聞こえてきそうですが、なんせヒキが弱いです。しばらく海は……避けた方が良いかなぁ?




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る