> > 座ったその瞬間から……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

座ったその瞬間から……
2011/07/19

おっとおっと! 長州力が……海の家オープンですか。大磯海水浴場みたいですけど、本人は来るのかなぁ? しかしホントに何歳になっても元気ですよね。元気の源を教えて欲しいものですよ、ハイ。熱い夏にしたいですね。

さて本題に。しかしまあ毎日毎日暑いですね。今年も9月頃まではこんな暑さが続くのか?と思うと、それだけでバテてしまいますが。

ボヤいても仕方ないので、パチやスロだけは適度に楽しんでいるわけですけども……まあ、ヒドイお店でやるからいけないんですけどね。そうそう「いくらなんでも……」という酷さだから困っちゃう。

お店としては、お客様があきらめても「新台を入れれば……」というフシがあるのかもしれません。だから「即ヤメ」する人も増えているのかなと思ったりしますし、それで調整に保険かけるっていうか、さらに厳しくするっていうか。負の連鎖であります。

今のパチンコは、結構連チャンするとたくさんの演出が見れますし、面白さもたくさんあると思うわけで、格段に昔とは違います。しかし、お金がかかり過ぎるのは問題です。いや、正しくは「お金がかかりそう」というイメージが先行しているわけです。実際にお金がかかるから、あー、やっぱり……みたいな。

「もう4パチの稼働下落は止まらず、1パチだらけになってしまうのでは?」という声も地方から聞こえてきます。みるみるうちに4パチの稼働が下がっていて、なかなか採算が取りづらくなってきているということですし。一番困ってしまうのは機械メーカーでしょうしね。だって収益性が落ちれば、まずは機械代を下げようと努力しますからね。前回にも書きましたけども、メーカーとホールが連携していかないとファンはなかなか増えないと思います。ハイ。

スロも……ヒドイことになっているというか。1人出ていると周りの人が去っていく傾向のようです。加えて1万円以上お金を使う人が少なくなっていると思います。これ、一度調べた事があるんですけども、万券の数が圧倒的に少ないんですよ。色んな理由があるんでしょうけど、台の「見切り」がスロでも早くなっているのは気になる部分です。暴れが激しい機種は、稼働が下落すればコントロールしづらくなるので問題です。悪い流れにならなければ良いですが。

なんとかならないものかと新台を打つわけですけども、まだ2週目なのに空しくなるような釘調整……。これではいつか消えてしまうかもと感じた危機感も「行き過ぎで異常なことである」と取り越し苦労ですめばいいんですけども。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ジャンキーで、負けると何故か、悔しいです!
(解説)
*結局、パチで負けてジャグなんですけどね。ジャグでも今日はジャンキーで勝負。ええ、負けましたよ。でも、なんでかな? 妙に今日の負けは悔しかった。ヒキの問題なんですけどね。ヒキの……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る