> > 時短を考えよう!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

時短を考えよう!
2011/07/26

ヤンキースの井川選手、相当叩かれたみたいですね。そっかー、もう5年経つんですものね。契約が切れた後に他球団からオファーが来るといいのですが……。年齢も年齢ですからね。頑張ってもらいたいものです。

さて本題に。今日も朝からあっち行ったりこっち行ったりと動いておりました。そんな中、パチンコ機の取材に行った時の話を一つ。パチンコ機には色んな機能がありますが、最近は「時短の扱い」について色々と趣向が凝らされている機種が増えているという話題になりました。

潜伏確変で期待感を持たせるという作りもあれば、回数切りで伸びる程に期待度を持たせるというケースもあります。ただ、シンプルにどうでしょう? 昔は、時短がついていると「美味しい」と思ったもの。その理由は「出玉をほぼ現状維持で100回転回せる=抽選を効率よく受けられる」という感覚だったように思うのです。

そーなんですよ! 今、問題なのは、このゾーンで「玉が減り過ぎる」ってことです。玉が減るなら時短は「いらないかも?」ってなりますよね。だったらその分確率を甘くして欲しいとか、継続率を高めて欲しいとかって思う。なんだか、お店の為にある「利益ゾーン」みたいに感じちゃうのは悲観的な見方でしょうか?

ミドルスペックで100回くらい時短がつくと、その区間での引き戻し率は、理論値で言えば15〜16%くらいあるはず。そーなんです、それだけでワクワクドキドキなはずなのに、玉が減るもんですからね。なんでしょう、この「ガッカリ感」とでも言いましょうか、すぐに終わって欲しいと思う感覚。

「何言ってんの、その分がスタートに回っているんだよ」と言われる方もいますが、そんな恩恵はあまり感じたことがありません(笑)。ええ、あくまで体感ですけどね。

その点、パチスロはいいですよね。リプレイでメダルは減りませんから。なんといっても計算ができるし、どういう立ち回りをすれば良いか?って目的的に考えることができるからです。

時短付きのパチンコ機なら……せめてベースは90くらいで頑張って欲しいと思っているんですけど(笑)。そういう釘でも稼働があれば利益取れると思うんですけどね。どうにかならないでしょうか?

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・伊達直人、今日も虎には、なれぬのか!
(解説)
*こういう時に……天から虎が降りてこないものかと考えてしまうわけですが、猪木といい虎といい、相性が悪いです。いや、ヒキが弱いです! 完全に元に戻ってしまいました。ヤバイ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る