> > イベントがなくなる日?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

イベントがなくなる日?
2011/07/27

西武ライオンズを応援しているんですけども、9連敗のあとの連勝でちょっと嬉しいです。それにしてもソフトバンクと日ハムは強過ぎ! もう、3位狙いしかないでしょう、パは。セは……あまり興味なくなっちゃったんですけどね。

さて本題に。今日も朝からバタバタしておりました。なんだか月末は忙しいです。クライアント先で打ち合わせしていたのですが、「今のイベントの取り組み方を8月から一気に変えていかないとマズイことになるかもしれれない」という内容の議論をしておりました。

というのも過激なイベントなどが増えた為に「法を順守しなさい」ということなので、見直しの必要はあったのですが、さて、どうやって変えていくべきか??

特に……パチスロです。もしも「メールマガジンでのイベント案内が無くなった場合、お客様は来てくれるのだろうか?」という疑問。新台入替の案内はできても特定機種や店名を看板にしたイベント、札差し等の統一、メール内容の厳密化といった部分ですね。情報が極端に少なくなった場合のユーザーの動きってどうなるのだろうか?と考えてしまいます。

実際に高設定が入っていなくても「高設定が多数入っているような期待感があるお店」の条件を考えたところ、ある人は「客層が若い程、設定が多数入っている可能性が高い」ということを言う人はいますが、個人的にはそう思いません。ここの部分こそ今までの地道な積み重ねでしょう。もちろん「入替」という投資もお客様への姿勢だと思います。

イベントがなくても平時で稼働の底上げを図る為に、別な策を考える必要があるわけですが、そこはお客様のニーズを集めて可能な限り対策を練ることになると思います。それが何か?っていうのは、個々のお店のノウハウになってくるのですけども。

個人的には伝え方を変えるって言うことと、平時から信頼関係を作っておくというのが、これから先とても重要になると思います。イベントがなくなればより平時から「遊びやすい」状況を作っていくべきですし、口コミなども重要になると思います。

とにかくお店は輪番休業もかなりキツイと思いますし、今年の冬もどうなるかわからない……という不安もありますので、今回の8月からの動きもとても気になるところです。

厳しい状況は続きますが、「考える力をつけるチャンス」と前向きに考えて、この難局を乗り切ってもらいたいものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・寂しげな、GAROの空き台、座れない……
(解説)
*サミーの『CRアラジンネオ』が導入されたので、お店に行ったものの満席でした。まあ、時間帯もあって当然かな?という感じでした。逆に反対に設置されていたGAROの空き台がありましたが、……座る勇気がなかったです。だってお金がないんですもの(悲)。しばらくヘタレであります。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る