> > スロの設定って?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

スロの設定って?
2011/08/16

こ、これはかなり個人的にうれしいニュースです。「スマホ対応、モリサワ書体をクラウド配信」されるようです。まだ先みたいですけど、自分好みの文字でサイトが閲覧できるようになることは面白いのでは?と期待するところです。モリサワって凄い会社ですよね。ホントに。

さて本題に。あまり「書くな!」って怒られるかもしれませんけど、『ミリゴ』の話。ホントに、今年の夏は「ミリゴ旋風」ですね。

まあ、自分のクライアント先のお店で「設定6」を入れた話なんですけど、実際のデータとして出玉率とか導入からの設定の打ち方とか打ち替え時前後の波とか、他の台との比較とか個別に徹底分析していたわけです。

基本的にスロでもパチでもこういったデータ分析は、導入から1ヶ月くらいは統計とって議論するんですけども、一番は顧客の反応で「ユーザー側はどんな反応を示す?」という部分になります。特に玉(メダル)の出方とかで、「その後の寿命(高稼働を継続キープ)が長い機種とそうでない機種」が判別できます。さまざま要素がありますが、お客様は正直です。玉やメダルがたくさん出ようが、お店が儲かろうが損をしようが、その機種の行く末というものはある意味残酷で、優劣がついてしまうというものです。

『ミリゴ』も同じく、このお盆時期に満を持して設定入れてみたところ、結果は正直想定の範囲内。でも、お客様の動きは明らかに違います。というよりも、他機種とそもそも比較しちゃいけないのでしょうけど、あまり「伝わらない」ことがわかりました。これはお金のかかり方とか、お客様がまだ機種の事を把握しきっていないから、なんて考えてみましたが、ちょっとレアケースというか、客離れが早い(回転がすこぶる早い)ことがわかりました。

なので分析とか評価といっても、新しいことだらけで良し悪しがわからないというのが結論です。それと、受け手の情報レベル(導入から一定期間後の解析が出てからの動き)っていうのも影響しますから、そういう部分(地域のユーザーレベル)も含めて考え直さないとな、と考えてしまいました。

ユーザーから見て「設定が分かりやすい=だから設定を入れる」のか、「わかりづらい=だから設定を入れない」のか。特にART機は後者のケースが多いのですけども、逆のパターンもあるわけですから、打ち替えを含めて余計に慎重に対処すべきところです。そうでないと、「お客様に飽きられる=稼働を下げる」につながってしまいます。

毎日の話ですが、注目度も高い話だけにさらに研究していく必要がありそうです。プライベートでまだ打っていないこと……これがとても残念ですね。暇が欲しい〜。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・15時間、パチではなくて、会議乙……(悲)
(解説)
*今日はずーっと会議! まいりました。しかも、会議って言ってもパチやスロ関係だから、遊びに行きたくて仕方ありません!まあ、そういう時は負けていたよ……と自分に言い聞かせながら納得するしかありませんけどね。トホホ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る