> > パチンコ業界の市場規模……出ました!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

パチンコ業界の市場規模……出ました!
2011/08/18

最近、飲みの席でも「なでしこジャパン」の話題がよく出てきます。「お金じゃない!」っていう部分で盛り上がるのですが、そこは意見が色々ありますね。好きな事を「職業」にするっていうのは、ある意味恵まれているのかもしれません。考えさえられますけども。

さて本題に。今日は「パチンコ業界、21兆円産業から19兆円に!」というニュースが話題にあがりました。「兆」の単位になるとイメージがつかないのですけど、2兆円下がった事と7年連続減少って推移は凄いインパクトだと思います。

「いやー、今までが良すぎたんだよ!」って言われればそれまでですけども、2兆円という市場規模がなくなるって凄いことなんですよね。貸玉売上の他、遊技機市場・設備市場・景品市場……みんな含めての数字ですが、日本経済を揺るがすくらいのインパクトがあるのではないか?と。

改めて「上がる時のスピードも早いけど、下がり方も早いんだ」って考えさせられると同時に、何も動きが取れない状況にもどかしい気がしています。なんだか自発的に動きが取れないっていうか……。これも景気や社会の情勢に大きく影響が出てくることなので、仕方ないのですけども。

また、いくら正論を言ってもなかなか理想通りの話や流れにならないのもパチンコ業界の特徴で、凄く個人的な意見ですが、その部分を「納税」とか色んな意味で社会還元できれば貢献度高いのになぁって思うんですけど、認めてもらい信頼を回復するにはまだまだ時間がかかりそうな気がしてます。

とにかく、「国策」として業界の市場規模について色々と規制や緩和がかかるっていうことは正直言って経済に凄く影響あるなぁっと思った事と、パチンコ税は回避されたけれども、毎年減少していく市場規模の中で今後はどんな税制が出てくるのか凄く気になりますし、行く末に注目している次第です。

「余暇なんかいいから、別な事でしっかり働いて!」というメッセージなのかもしれませんけども、業界関連だけでも30万人近くの雇用を創出しているし、その納税額の大きさっていうのにももう少し目をかけて欲しいなぁ、って個人的には思っているんですけどね。

なかなか上手くいかないものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】

*AKB、やってもやっても、出てこない……
(解説)
・嫌になっちゃうなー、ホント。機種によって相性の「良し悪し」ってあるんですね。凄くお金を使っているのにAKBが全然出てきません。ヒキの問題ってわかっていながらも……心がホントに折れそうです。いや、もう折れかかっていますけど。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る