> > 朝並びも……考えてみる!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

朝並びも……考えてみる!
2011/08/30

今度の総理大臣は野田さんと決まりましたね。実はよく知らないのですが、格闘技観戦が好きというのを聞いて、きっと良い人だろうと思うのは早計でしょうか? ま、興味関心が似ている者同士は興味がでますからね。ハイ。

さて本題に。さあ、いよいよ月末であります、早いなぁ。あれ、昨日もこんな書き出しだったような。ボルトのフライング話で盛り上がった一日したが、今日はささいなことからパチンコ議論になったのでその話題を一つ。

実は、「5万負けても翌日朝から並んでいる人達は、一体なんの仕事をしてるんだ?」という話題で盛り上がりまして。たしかに「平日なのに、朝も8時くらいから並んで雑誌をくまなくチェックしている」という光景、見たことないでしょうか?

もちろん、どんな職業なのかって考えると……まずは無職、もしくはプロ、そして地主さんや自営業? もしかして夜勤の仕事についている方など全くわかりませんが、一般的に「時間が自由に使える」「ある程度お金に余裕がある人」に見えると思います。それが事実かどうかを確認したことはありませんが、土日祝日以外の平日の朝から……って考えると、そういうイメージがついているのかもしれません。

でも、ここで意外なことに「平日お休み」という人が増えているって話になりました。サービス業だけじゃなく、製造業も平日お休みっていう日がある。それに24時間営業という小売でも増えてきていますし、確実に労働者も多いですよね。それを考えれば、昔「朝から並んでいた人達」と今とでは事情が違うのではないかと。

おおっ!そうだそうだ、人はイメージだけで判断してはいけませんよね。それでも気になる職業。絶対勝てる保証はないだけに、朝から打つとなるとやはり前述したように「それなりにお金に余裕がある人」ではないかと思ってしまいますが、「実は朝一に状態をチェックして、昔と違って滅多に閉店まで打たない」という話。考えてみればたしかに立ち回り方も変わってきてますよね。パチならボーダー以上とか、スロなら高設定確定など確信が持てないと夜までは打たないようです。

朝は朝でもそれなりに「並ぶ理由がそこにある」というわけです。昔も今もスタンスは変わっていないようですが、より今の方が「シビアな立ち回りをしている」点が決定的な違いかなと思いました。これまた、なるほどなぁと感心。

いつの日かパチンコ店の24時間営業となる日が来るかわかりませんが、それほどまでに世の中は劇的に変わっていますし、時間の使い方も大きく変わってます。こういう部分にフォーカスしながらも、もう少し法的要件も弾力的に運用できるようになればいいなぁって思います。やはりずっと変わらない法律が基準となっているのも、この時代にどうなのと言いたくなる部分です。

遊技機規則もそうですし、風適法もです。今の社会にあったルールってなんだろうと考えてもよい時期ではないでしょうか? また、長考してしまいました。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・アラジンは、ネオになっても、変わらない……
(解説)
*アラジンは変わらず粗くて、凄いっすねー。今日は見ているだけでしたが、とにかく凄かった。やはり確率の暴れとか偶然の事象と言うのは目撃するだけでもインパクトあるし、印象に残りますね。いやいやビックリでした。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る