> > 遊技機は“消耗品”なのか?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

遊技機は“消耗品”なのか?
2011/09/06

いやー「AKBのともちん歌手活動を休止」ですか。早く病気を治して復帰してもらいたいものです。AKBの中でも一番好きですね〜。いつか卒業してしまうのでしょうが、頑張ってもらいたいものですよ、ハイ。

さて本題に。今日も朝からハッキリしない天気でしたが、月初ということもあって機械入替が凄かったです。もちろん入替も手伝って、いつもの月曜日よりは活気があったかな?と感じました。

そうですね、6店舗くらい見て回りましたが、パチもスロも新台は満台。しかし、30分くらい見ていたところ、意外にも回転が早いですね。明らかに1人あたりの客単価って減っているように感じました。

逆に「打ちきれない」というのもあるでしょうし、運良く大当たりすれば打ち続けるけど、パチなら5万も6万も使わないということなのかもしれません。

スロはまた少し異なるというか、凄い警戒感ですね〜。とにかく後ろで見て回り、新台を研究しているように感じました。入替時に「高設定」をほとんど入れないということでしょうか。それとも情報が少なく見極めきれないということもあるのでしょうか。おおむね、ヘビーユーザーほど、様子見をしているように感じます。しかも、待っている間は、その他の機種はほとんど打たない、ホントに見ているだけ……。

だから、新台入替も「集客」は出来ても「稼働」は上がっているのかな?と疑問になってしまう程であります。まあ、それが「お客様がお客様を呼ぶ」というサイクルになるのでしょうけども。

今月は数多くの新台がリリースされますが、8月導入の機種はどこへやら……しかも7月導入でも2ヶ月前なのに、お客様もどれだけ覚えているのかなぁと思ってしまう程に撤去も早くなってます。

実際、打っても分かりますが、その機種の力の入れ方とかお客様の支持とかって、導入から2ヶ月くらい経過すると改めて分かります。お店の力もその機種の力も。だからこそ、新台入替時の調整とか、1週間程度の稼働状態を見れば、将来にわたり「あー、こういう使い方するなぁ、きっと」と思うと、ついネガティブに「新台打つのを避けようかな?」と最近感じてしまっています。
改めて遊技機も「消耗品になったなぁ?」と思ってしまいました。

中・長期的に考えて、お店も「何をお客様に提供していくか?」という部分、改めて答えを出していかないと厳しいだろうなあと感じております。広告は制限され、イベントもほぼ出来ないという地域ばかりですから。新台入替時をキッカケに、少しづつアピールしてもらいたいなぁと思うところです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・月変わり、ツキを呼ぶにも、ノーマネー……
(解説)
*あーー、なんでこんなにお金ないんでしょう(笑)。ないものは「ない」んですよね、ハイ。月が変わればツキが変わるって言うのに、まだ勝負できません! 時間が無いのもありますが、お金もない……。ううー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る