> > ハッキリした違いって?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

ハッキリした違いって?
2011/09/14

来ますね〜。2011年11月30日と12月1日に「横浜アリーナで日本公演 WWE Presents ロウ・ワールドツアー2011」だそうですよ! ディーバも来るらしいので、ぜひ行きたいところです。お宝グッズも出るって話なので……うーん、欲しい!

さて本題に。残暑が厳しいですね。正直、外回りするのがキツイです。今日、お店で話題に上ったのが「低貸営業」のことです。4パチ以外に「2パチ、1パチ、0.5パチ、0.1パチ」とバリエーションも増えて、今では導入していないお店を探すのが難しい程に普及しています。

個人的には……歳のせいでしょうかね。長時間座って打つのがキツクなってきたので、ついつい避けてしまう傾向がありますが、実際に1パチユーザーの声を拾うと、それは「4パチ」などで打っている人達とは「異なるパチンコ観」があるようです。

というのも、低貸では「安く、長く、遊べるパチンコ」というのが特徴で、投資金額を抑えつつ勝負するということのようです。もちろん「マックスタイプが良い」「交換率の高いお店で打ちたい」「新台が良い」「もちろん、調整が甘い方が良い」等々、4パチのニーズとは変わらない部分もたくさんあります。

しかしながら、もう一方で貯玉再プレイのニーズも高く、また甘デジを打ちたいという比率も高いようです。さらに調整について聞いたところ、実際はあまり分からないという回答が非常に多いとのことでした。

なるほど〜、勝ち負け重視はもちろんですけども、調整面での比重は少し4パチユーザーとは異なる部分があるんだなあと感じました。できるだけ「投資を抑えてパチンコで遊ぶ」というのが第1優先で、調整は二の次なのかもしれません。

もちろん地域や立地などもあるので、一概にそうであるとはいえませんが、こういった側面をしっかり確認しながら対策を打っていかねばならないと思いました。

お客様は「違いがわからなければ、違いのわかる部分(設備や新台等)で判断」するわけですから。微妙な違いならば、当然目に見えて違いの分かる部分というのに注力するということは戦略の一つですしね。

パチンコは中高年齢層メインで、パチンコの平均年齢層も着実に高齢化しています。そういう中で違いを「わかりやすく」出す場合、それが細かい部分であればあるほど、地道に継続することが重要だと思います。バランス、そうバランスなのでしょう。

サミーの「デジ10」ではないですが、明らかに「戻り玉が多い」とか「大当たり玉数が多い」とか「再プレイ手数料無料」とか、わかりやすい差異化がこれからの時代は求められているのかもしれません。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・リラックマ、リラックスなど、できません!
(解説) *バラエティコーナーに設置されていた「リラックマ」を打ったんですよね。ホンワカしながら打ってたんですけど、ひけませんなー。リラックスはできません!(笑)。なかなか面白かったんですけどね……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る