> > 聞いてくれ!オレ(お客様)の声も!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

聞いてくれ!オレ(お客様)の声も!
2011/09/16

「どんだけ東京ヤクルトは強いんだ!」という話をお客様としていたら、今日も勝って9連勝ですよ! 野球の9連勝っていうのは、サッカーのハットトリックよりも確率が低いのか?(どれだけ凄いか?)とか、凄い気になってしまいました。妄想の毎日です。

さて本題に。今日も暑かったです。ホント、残暑厳しいわけですが……9月2週目からさらに稼働が急落したっていうお店が増えてきたと実感しております。

ハッキリ言って、打ち手無しです! でも不思議です。凄い稼働の良いお店って、こんなご時世でもあるのです。

いつも話をしているのですが、野球やサッカーのスポーツでも、もちろんビジネスでも成功するには「成功の理由」があります。その理由を論理的に整理することや、みんなで認識するのも大事なことです。でも、もっと大事なことは次のステップで「次に何をやるか」ですよね?

スポーツなら練習をいっぱいする……やり方などの質を変えたり、時間を長くしたり。色々です。ビジネスならば? そうですね、練習の代わりになるものは「施策」でしょうか? 質を変えるというのは「アイデア」になるのかも知れません。時間を長く取るというのは、マネジメントスピードを上げて、検証期間を長く持つということなのでしょうか?

それでも……それでもわからないです。成功確率100%はありえません。ビジネスで100%に近づける方法は、やっぱり「直接、お客様に聞く事」だと思います。

パチンコ店ならば、ご来店頂くお客様の声をどこまで収集できているでしょうか? 基本、不満を言ったり教えてくれたりしませんから。情報収集を積極的に取るというお店と関心度の低いお店は雲泥の差であります。

「出玉に不満」「勝てずに不満」「投資金額がかかるから不満」等々、ホントの不満はなんなのかってということは大事なことですが、実はこちらは情報収集しやすい。とりづらいのは「今や他店の常連になっている、自店にやってこないお客様の声をリアルに聞く」ってことです。ここがとても重要です。原因があって他店の常連になっているわけですから。もしかすると、噂だけで流れている可能性だってあります。

というように、パチンコ店は、今までお客様ではなく「競合店の動き」を見ながら色々と対策打ってきた傾向ではないでしょうか? もっとお客様の声を聞いて、的確な対策を打ってもらいたいなぁと。そうすることで、地域で理想とするパチンコ店に近づけるのではないでしょうか?なんて、また妄想している次第です。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・空き台なし、慶次打てずに、啓示こず……
(解説)
*神(GOD)の啓示はありませんでしたね(笑)。だいたい、慶次は空き台を期待していなかったんだけど、代わりにゴッド打つことはなかったなぁ。馬鹿だなぁ、自分……今頃気がついた(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る