> > 電気の事を考える月でした
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

電気の事を考える月でした
2011/09/30

とあるタイムリーで刺激的なテーマをツイッターはじめWEBで取り上げる「炎上マーケティング」という言葉があるらしいですね。知らなかったです。バズのそれとは異なる模様ですが……。だんだん取り残されるような感覚になってきてます。年は取りたくないですなー。

さて本題に。アッと言う間に9月も終了であります。早かったなぁ。今月も色々な出来事がありましたが、なんと言っても輪番休業の動きと新機種発表の多さですかね?

まず、輪番休業。7月〜9月の間、3日間の営業を休業して(東北・東京電力地域のホール)全体で昨年比25%の削減というものでありましたが……既にあまり目立っていないかも?ですけど、全体目標は達成したという話です。取り上げられることって少ないですけど、25%減というのは、相当デカイです。中には30%以上の削減を実現できたというホールもあるようです。

従来まで電気を使いすぎていたということもあるでしょうけど、まとまると大きな力となることを改めて認識した次第です。今度やってくる冬と来年夏がホントに勝負ですね。

もう一つが新機種発表です。空前絶後の数!と言ってよい程に、9月は新機種発表が多かったです。メーカーもそうですが、お店も混乱するほどにすぐの判断を迫られ、大変だったのではないでしょうか? そういった混乱の中に、実は「機械の消費電力省化」に取り組んだ機種が出てきているという点です。

打たない時の「ウェイト」状態時はスタンバイに、ハンドルを回すと電源が入るというもので、10%以上の省力化が図れると言われ、秋から今冬にかけて登場予定です。

恐らく、これから「消費電力省力化機能」は必須になることも予想され、メーカー各社は次々とリリースすることが予想されます。良い傾向ですし、技術革新を進めてもらいたいものですが、価格がね……。まだまだ高い感があるので、頑張って欲しいものです。

ということで、あまり目立たなかったですが、業界として電力のことを深く考える月であったと同時に、節電活動ということは小さいながらも継続することで大きな力になっていくと思いました。これからさらに内外にアピールして、協力を求めるということが大切だなぁ、と感じています。

10月は何が起きるか?注目ですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ハンドルを、回して千円、時間5分……
(解説)
*あえて機種は挙げませんが、某機種、1000円で5分持ちませんでした。悲しい。考えれば、牛丼4杯(250円なら!)食べられる!それが5分か……うーん? 悔しいなぁ。負けるとやっぱり悔しいっす。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る