> > どんどん増殖中!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

どんどん増殖中!
2011/10/25

モバゲーの横浜買収、いよいよみたいですね。しかも東スポには早くも落合監督が??との報道もあり、個人的に盛り上がっているところです。横浜が良くなれば、もっと野球も盛り上がりますしね。どうなるんだろ?

さて本題に。今日は番長……『押忍!番長2』ですね。待ちに待った納品と言えるのではないでしょうか? ま、このお話は各所で盛り上がりそうなので別日にする(笑)として、このところお店ではパチスロの「増台」が盛んです。

ちなみに今のパチスロの設置台数は130万台を超えるくらいでしょうか? 過去最高は200万台を超えていましたから、それに比べるとまだまだなのかも?ですが、着実にファン層を増やしているので、業界も期待を寄せているところです。

これだけ増やしているのは、純粋にファンが増えているだけでなく、客滞率も長くて稼働もあがりやすいという背景があると思います。それと、パチスロ機の性能が格段に向上しましたね。単純に出玉性能だけではなくて、総合力で……という意味です。ハード面も操作性もしっかりしてきた印象がありますし。

もう一つ、お店の収益性で言えば、「パチンコ>パチスロ>低貸パチンコ>低貸パチスロ」の順序ですかね? あっもちろん使い方もあるんですが。この時期、スロットのファンが増えているのと同時にやや収益性の低い「低貸営業」の稼働が伸び悩んでいるというのも背景にあるようです。

パチでもスロでも1つ1つの機種の「利益率」が高くとも、売上が上がらない事には「利益額」は上がりませんし、やはり機械なのでその「稼働」というのが第一義にくるというものでしょう。過去を見てもパチンコとパチスロの増台・減台の繰り返しでしたから、今回もまた……という感覚なのかもしれません。

さあ、問題は次のステップでしょう。どんなに良い機種でも数年長期稼働する機種はなかなか出てきませんし、次から次へと新しい機種が登場しますから、サイクルは一段と速くなることが予想されます。ゲーム性においては、ゲーム数管理を含めて、さまざまな斬新な仕様なども受け入れられていることから、市場がさらに広がることを期待しています。

こういった「流れに乗る」というのも、ビジネス成功のポイントなのでしょうから、じっくり見守っていきたいところですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・急にまた、打ちたくなった、ジャンプペア!
(解説)
*近くのお店に1台だけ設置されていた『CRスキージャンプ・ペア』。打ちたくて足を運んだら……見事に撤去されておりました。好きな機種は何年経っても打ちたいものなのに。残念でありました。うー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る