> > 入替をし続けると?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

入替をし続けると?
2011/11/02

うーん? 今年の冬の電力不足、特に西日本では深刻ですよね。夏場と冬場ではどれだけの違いがあるのか?というと、寒いのも我慢出来ん!という人もいるだけに気になるところです。ウマイこと全国で融通がきくようになれば良いのでしょうけどね。

さて本題に。今日から11月!というのに……気合いが入りません。というのも月末月初はとにかく忙しくてパチやスロが打てない! 人の話を聞いているだけです(笑)。

で、クライアント先の営業会議に参加して出るのはやっぱりスロの『押忍!番長2』の話です。しかも11月には『赤ドン雅』も12月には『北斗』も登場予定。なんだか「スロ雑誌の取扱い」とか「露出の仕方」も実に気合いが入っているし、専門誌も続々登場していますよね。話題になるはずです。ハイ。

しかーし! お店はどうかな?と言えば、『番長』を含む人気台に集中して、その他の台の稼働がどうにもこうにも調子が良くない。もちろん、設定を入れる・入れないの前に「打ちたいか? 打ちたくないか?」という部分で言えばですね、見向きもしなくなるまでの期間があまりに短いわけです。「ああ、今のパチンコに似てきているなぁ。早くなったなぁ」と思いつつ、お客様がいっぱい集まっても「打ちたい機種に空き台がない」となれば、それで帰る!という形はこのまま継続しそうであります。

確率的に言えば、人気機種を多台数導入すればそれだけ「多くのお客様を瞬間的に集めることができる=もし打てなければ、他の台に座って遊んでもらえる確率があがる」というものなので、これはこれでありでしょう。そもそも「入店」してもらわないと座ってもらえないのですから。

そうそう、そこから……なんですよ。ユーザーの打ちたい機種って何でしょう?と言えば、勝った経験があるとか、ゲーム性が面白いとか看破しやすいとかとか色々な理由はありますが、この一連の動きだけ見ると、一番は新台なんですよね。

だからお店も稼働を上げるには「設定を入れていく」という作業より、「新台に投資する」という選択にもなるのかな?って思います。ホントは長期間、大事に使って欲しいんですけど!(笑)。

もしも「1年間くらい機械の入替がなかったら、お客様はどれだけ減っちゃうのかなぁ?」とか考えると同時に「お店は設定を入れられるなぁ」とかも考えるとユーザーにとってはどっちがいいのかな?と……。もちろんメーカーさんは困ってしまいますから、適度に(笑)……ってことになるのでしょうけど。

5号機でも結構負けられますから(笑)。全体的にメーカーもお店もプレイヤーも「高コスト体質」になっていて、今のデフレの状況と逆行している感じがするので心配なだけですけどね。

喰うか?喰われるか?の勝負は、ユーザーを創造するにはハードル高いから10年・20年と続くかなぁ?とちょっぴり不安ですね。迷わず打てばいいんでしょうけど。じっと仕事しながら妄想しています。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・冬でもね、リングの落下は、ビックリだ!
(解説)
*店内をうろうろしていたら、いきなり『CRリング』の手が落下した瞬間が目に飛び込んできて、恥ずかしながらちょっとビックリ! あれはいつ見てもインパクトあるなぁ。リングは人気ありますよね。11月はこの機種で勝負だ!(遅すぎ?)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る