> > パチやスロのレビューは難しい!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

パチやスロのレビューは難しい!
2011/11/16

時代によって敏感に反応してしまう「言葉」というのがあると思いますが、最近は「速報」と言う言葉に弱いですね。「えっ? 何があったの?」と、つい反応してしまいます。内容が濃い・薄いもありますが、知っていないと不安……そういうことなんでしょう、きっと。

さて本題に。めちゃめちゃ寒くなってきましたが、今日もまた東奔西走しておりました。たまたま本屋に立ち寄り、また本でも買おうかな?と見たものが「店員さんの商品レビュー」であります。

いつもは軽く流すんですけども……その一つに「鼻血が出る程の……サスペンス!」と書いてあったので思わず買ってしまいました(笑)。だって、マンガと違って全部読めないし、これは買うしかないかな?と。

パチンコやパチスロに例えるならば……機種のレビューってホントに難しいです! ぶっちゃけ言うと……書けることと書けないことがあります! それと好みとか、感性とか。本でもDVDでもなんでも一緒ですけど、うーん、なんて言うんでしょうかね? 「製品」から「商品」に変わるっていうのでしょうか? メーカーを取材して、機種の紹介やレビューをするのは「製品情報」ってことになりますが、○○店の「CR●●は……」みたいなのがホントの「商品レビュー」になるのかな?

そこに「交換率」とか「営業方法」とかが絡み合うし、勝ち負けと「商品レビュー」とは必ずしもリンクしませんからね。さらに「予想屋」っていう部分でも、条件が異なると個別ケースで判断しなければなりませんし……。

そこを「どーにか、役に立つレビューを!」っていうのが小生の商売でもありますから、まずはどういった条件ならば勝てるか?っていうことを考えるべきです。ハイ。

昔と圧倒的に違うのは……大手とか中小とか地域差とか客層とか店舗選びにも色々ありますけども、前提は「お客様がたくさんいないと、調整も厳しくなる」ってことです。当たり前です、ハイ。

ただ、この当たり前を「近い」という理由のみで選択してしまうと勝負としてパチやスロに厳しく挑んでいる人の場合はキツイと思います。新台も昔とは異なり「負けも覚悟で打ちたいか?」とか、そういう部分をシビアに見ていかねばならないでしょうね。

といった感じで、条件設定は細かく挙げればたくさんあります。そして、それに対して製品としての組み合わせ、そして商品ってことになるんでしょうかね、その組み合わせも無限にあるはずです(笑)

せめて「こんな気持ちで機械買ったんで、こんな感じでこの機種は打って欲しい」というお店からのメッセージなどがあると嬉しいんですけどね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・遠いね、縦スクロールの、プレミアム……
(解説)
*あの日から一体、何日経過したことでしょう……。プレミアム海、当たらんばい! 縦スクロールの海、あれはあれで好きなんですけど、見たのは1度きり。うーん、打ち続けるしかないですが、甘デジ出てからにしようかな。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る