> > 北斗七星は雲で見えなかった
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

北斗七星は雲で見えなかった
2011/12/06

DeNAベイスターズの監督、工藤じゃないんですね。交渉破談になったとのことで……。誰が監督やるのかな? 最初は結構大変になると予想できますけど。GM制度というのはあまり日本には根付かないのでしょうか? うーん。

さて本題に。今日は北斗……、北斗でしょう! 見上げてみればカシオペア!という毎日であります(笑)が、勇んでパチンコ店へ出陣。まぁ、のこのこ夕方くらいから北斗打ちに行っても仕方のないことは承知しておりましたが、案の定満席です。早く打ちたいなー。早々に(北斗の)増台が決定したらしいじゃないですか! 12月はしばらくこのペースでしょうね、きっと。

それで帰ればよかったんですけど、違う「拳志郎」を打ちましたよ。ええ、パチンコの蒼天であります。結構な空き台がありまして……。そして勝負するも、いつもと同じパターン。回りません! いやいや、回りません! これだけ回らないと、もう笑うしかない!

「なぜ、そんな台ばかり打つんだ!」と文句が聞こえてきそうですが、同じ回らないならば等価交換のお店で一発逆転を狙う!って意気込みなわけです。「どこも一緒だ!」とは言いません。しかし! スペックは辛いし暴れる、お金も限定される……、ならば、もしも引いてしまったら??と夢も見れるじゃないですか。ええ、負ける人の「典型的」パターンですね、ハイ。

さすがのオイラも、先日のヤッターマンに続き蒼天で5万近く負けると今年はこれでゲームオーバーです。まだ、12月に入って5日くらいしか経過していないのにもう打てませーん。
オイラは仕事の一つと思ってパチやスロを打っていますが、普通に考えると、これだけ負ければなかなか次にパチやスロで遊ぶっていってもキツイですよね。お金の「かかり過ぎ」というのもあるし、もう一つはデフレでお金の価値が変わったというのもあるし、節約志向というのもあるし……。余計にパチやスロで遊ぶお金の「割高感」は感じているのかな?と思った次第です。

さてさて、年末の店内はパチの北斗も蒼天もスロの北斗も……、そして慶次もあるので、原哲夫さんの作品で店内はいっぱい!という感じですね。今年はこのペースで進むのかもしれません。
来年はAKBでいっぱいになるかな?

最後の1万円は大一の『CRアラビアンラッシュ』で完璧にノックアウトでありました。大当たりを引いたけど4R……、ST中に引いたけど4R……、結局飲まれて終了でした。
ダメな時はとことんダメだなぁ。しっかり時間をかけて準備してパチを打つようにしないと……、と心に誓った1日でありました。くそー(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・スーパーに、発展したのは、延べ2回……
(解説)
*ヒケん時はヒケませんなー。250回くらい回したのに、スーパーリーチに発展したのは2回だけですよ! 蒼天! うーん?? なんでしょうかね、この演出バランスは。結構、打っているんですけど……、うーん??




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る