> > プロの立ち回りも興味深い!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

プロの立ち回りも興味深い!
2011/12/16

ショックだな、これ、ショックだな……。「男性との不倫疑惑が浮上したハルク・ホーガン」ですって。イッチバーン!は一部地域では流行語だった(笑)んですけどね。動向を見守りつつ注目していますよ。

さて本題に。コートがいらない程に暖かい一日でした。『北斗』や『仕事人』が多数導入されてお店も活況ですね。夜の稼働もにわかに伸びつつあるようです。

で、今日はパチンコの有名ライターとのお話です。最近の勝率はどうか? 勝てる機械はどれか?など、すっかり自分の立場を忘れて(笑)、一ファンの目線で色々と質問してしまったわけです。

「いやー、昔と比べてユーザーも警戒感が強くなりましたよね。でも、決して立ち回りが上手くなっているわけでないのですよ」とのお言葉。つまり、ハイエナもまだまだやりやすいってことですね。

狙っているのは、朝一の「CR南国育ちin沖縄」だそうで。潜確残りの可能性を探して立ち回る! うーん、さすが! 勝てる確率の高い機種を狙う&時期的にも「流動客が多いお店やサラリーマンが即止めしそうなお店」だけを狙っているという話。
さらにさらに! 高交換率店のお店は狙わず、低交換率で「貯玉再プレイ」のお店だけを狙っているとも。そういえば、別のパチプロさんもそういうことを言っていたなと思いだし……。現金投資を少なくして、貯玉を上手く利用していけば良いということですね、ハイ。

そこで「プロと同じ立ち回りをしても、プロにはなれない……、その差は何だと思いますか?」と質問したところ、帰ってきた答えが、「そうですね、負け方の問題で、最も勝てる可能性をどれだけ調べ上げるかじゃないですか?」と。たしかに! でも逆に「衝動にかられて」遊びたくなって、そこで偶然にも勝利する驚きや楽しみだってパチンコの醍醐味のはず。そこは同意してもらえましたよ。人それぞれです、楽しみ方って。

改めて……、どのお仕事もそうですけど、プロへの道は険しいなぁと思い、またそのライターさんの「より勝てる方法、勝率を上げる方法を正しく伝えていく」という姿勢をリスペクト。そうですね、なんでもそうですがポリシーは大事だなぁと少し反省(笑)。

楽しさは必ずしも「勝ち負けだけではない」と思っていましたが、「勝ち負けにこだわる立ち回り」というのも面白いですね。1年間くらい修行したくなりました……、この年齢で(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・仕事人、頼むお金が……、ありません!(から〜!ざんねーん!)
(解説)
*やばいな、やばいなー。ホントにお金がないなー(笑)。あれだけ前半戦で負けたツケです。クリスマスを超えないと……、手元資金がない! 指をくわえているだけです……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る