> > 頑張れ!パチスロ2012!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

頑張れ!パチスロ2012!
2011/12/27

この研究は凄いね。なんでも「天才ミュージシャンはなぜ27歳で亡くなるのか?」というのをひたすら研究していたわけで。でも、その結果は「単なる偶然」というオチっていうのが凄いじゃありませんか! 偶然だということがわかっただけでも、まあ良かったですよ。別の面白い研究もどんどんやって欲しいですけどね。

さて本題に。いよいよ今年最後のコラムとなりました! テーマは……まあ、前日からの流れもありますので、今日は『頑張れ!パチスロ2012!』と題しまして、来年のスロについて書きたいと思います。今年は色々と大変なことが起きましたが、数多くのヒット機種に恵まれて市場は緩やかに上昇しつつあることを体感しましたね。

市場は「ART機」が主流で、設置台数も増えました。そしてメーカーも「純増枚数」を競うかの如く開発を続け、今では「1Gあたり約2枚増加」が主流となり、ユーザーもすっかり慣れた状態が続いています。今はとにかく「規則ギリギリの性能」の開発機を保通協(保安電子通信技術協会の略)に持ち込んでいることで、適合率が悪くなっているのが気になります。ええ、ここまでは以前に話をした通りです。

2012年は、この「安定した部材確保」と「適合率を上げる=市場供給数を上げる」というのがメーカーの大きな課題のようでして、計画の変更・販売時期の変更を余儀なくされ、大変不安定な前半戦を迎えるのでは?と危惧するところです。

一方、お店はこの年末に一気にパチスロ島を増設し、人気機種を中心に「規模による集客力強化」を図るところが目立ちましたが、供給バランスが崩れ、ますます現在の高稼働機種を「大事に使っていく」ことが求められています。こういった背景もあって、来年1月〜3月はパチスロ勝負かな?(笑)と、またも深読みしてしまうわけですが。

個人的にですが、2011年は楽しかったか?楽しくなかったか?と言えば、短時間で「軽く遊べる機種」がホントに少なくなってきて、ちょっと残念な1年でしたよ。市場原理といえばそれまでですが、人気のない機種をいつまでも設置できないこともわかります。しかしながら、その「ちょこっと遊べる」気軽さはどんどんなくなっているなぁ、と。時間のない人にとっては打つ機種は決まっている(ジャグですね)感じです。

絶対はありませんが、5号機になってから……ART機へ人気が集まり、流れが変わってからというものの、時間に余裕がある人の方が有利に働いているのかも?と思ってしまいます。「パチスロで1時間勝負!」と言われた場合、みなさんは何を打つでしょう? ですね、ですね、あれですね、多数はきっとジャグですね(笑)。

市場が広がった一方で、ヘビーユーザーを中心とした特定層に偏るのもどうなのかな?と思いつつ、これもまた時代の流れなのでしょう。きっときっと、新しいユーザーや裾野を広げない限りは発展はないのかな?なんて思っているので、今年もメーカーさん、頑張ってください!エウレカの後継機には期待しております!

それでは良いお年を!

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ゴッドには、下僕な俺が、必要だ……
(解説)
*ていうか、マジで引けないんですけど!ええ、そりゃわかってますよ、そりゃね、なかなか当たりませんけどこれだけ打っているんだから、奇跡が起こってもいいよなー。うーん?? 今年はホントに終わりです……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る